お知らせ

ブログを再開しました

皆さま こんにちは。ご訪問どうもありがとうございます。エッセイストの高橋真名子です。

数年前、同じタイトルでブログを綴っていましたが、このたび歴史紀行「歩いて旅した東海道」を発表したく、ブログを再開することにしました。

今から遡ること七年前になりますが、私は自分の脚でおよそ二年の歳月をかけて旧東海道を往復歩きました。ここで発表する紀行は、その取材を元に書き下ろしたものです。

東海道と聞いて多くの方が思い浮かべるのは、江戸時代の五十三次かと思います。私もそのイメージで歩き始めましたが、実際に歩いてみると、東海道は有史以前から現代に至るまでの歴史の宝庫でした。

片道およそ五百キロの道のりには、さまざまな歴史が堆積しています。東海道は日本の歴史の縮図。そう言っても過言ではないでしょう。微力ながらそれをお伝えしたく、拙い筆を執りました。

日本橋から京都三条大橋までの五十五章を、毎週投稿していく予定です。(詳細は追ってお知らせいたします。)長い章は何回かに分けて投稿することもあり、一年を優に超える旅になりますが、ご興味ありましたらどうぞおつきあいくださいませ。

また当ブログでは、連載に合わせ他に二つのページを作ってみました。

一つは「旧東海道マップ」。連載の内容に連動し、峠や脇街道などの情報を地形図に重ねたオリジナルマップです。
もう一つは「旧東海道のひとこま」と題した写真のページです。旅をしながら撮影した街道風景を連載に合わせてアップしてまいります。連載の文中では触れる機会のなかった場所の写真も入れていく予定です。

さらに、日本各地には、心安らぐ風土、奥深い歴史を抱いた土地がたくさんあります。不定期ですが連載の合間に一期一会の日本各地の風景写真などをアップしていく予定ですので、連載と合わせてご覧いただけましたら幸いです。

皆さまのご訪問、心よりお待ちしております。

関連記事

  1. お知らせ

    ブログタイトルを変更します

    いつも当ブログをご覧いただき、どうもありがとうございます。「山…

  2. お知らせ

    連載再開のお知らせ

    アクセスどうもありがとうございます。夏休みに秋休みが加わり、長らくご無…

  3. お知らせ

    Instagram 始めました

    七月になったばかりというのに連日の猛暑続き。先が思いやられる今日この頃…

  4. お知らせ

    9月1日(金)から連載を開始します

    皆さま こんにちは。当サイトへのご訪問、どうもありがとうございます。…

  5. お知らせ

    夏休みのお知らせ

    いつも当ブログをご覧いただき、どうもありがとうございます。おか…

  6. お知らせ

    「図書」(岩波書店)にエッセイが掲載されました

    いつも当ブログをご覧くださり、どうもありがとうございます。岩波…

コメント

    • wpmaster
    • 2018年 1月 11日

    松本様 コメントをお寄せくださり、どうもありがとうございます。現在東海道の投稿がメインになりますが、近江のことにも時々触れていきたいと思っております。各地の自然や歴史についてご教示賜れますと幸いに存じます。楽しんでいただけるよう頑張って投稿してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 1月 11日

    はじめまして、松本茂樹と申します。昨年、12月野呂先生奥様より、高橋真名子さまのブログのお話をお聞きしました。
    あいにく、高速道路走行中に電話をお受けしたこともあって、先生の奥様の言葉を思い出しながら、検索してみましたが、
    今日まで、たどり着けませんでした。図らずも、本日、先生の奥様より、お電話をいただいて、アドレスをお聞きして、
    やっと、拝見できました。正直、とても楽しみです。
    私は、毎週、土日にいろいろな山々に出かけて、山野草を見に行っています。野呂先生がペースメーカーを入れられる直前に
    揖斐の山の中の「つくばね」群生地にご案内したところ、ことのほか、喜ばれて、学内報の表紙だったかに写真を掲載されたりしてくださいました。
    奥様も、たまにお電話をいただいたりしておりましたが、今回のブログのご紹介が、何よりうれしく思います。楽しみに拝見させていただきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    園城寺(三井寺)
  2. 古社寺風景

    楊谷寺(柳谷観音)
  3. 寄り道東海道

    田中城跡と下屋敷
  4. 寄り道東海道

    帯笑園
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    平塚
PAGE TOP