連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

はじめに

東海道と言っても一つではない。

車なら東名・名神高速道路や国道一号線、鉄道なら東海道新幹線やJR東海道線がそれに相当し、さらに空の便も加わる。

東海道新幹線の東京・大阪間の年間利用者数は、日本の総人口に近いというから驚くべき数だが、それ以外の交通手段も含めれば、それこそ数え切れない人たちが日々東海道を通っていることになる。もちろん私もそのうちの一人だ。

東京に生まれ、四十年近くを東京で過ごしてきた私は、十数年前に結婚し大阪に住むことになった。とはいえ、結婚当時七十代後半で一人暮らしなどしたことのなかった父を一人東京に残すことができず、夫の理解に助けられ東京と大阪を移動しながら生活してきた。東から西へ、西から東へ、東京と大阪を行き来しているうちに、日頃二時間半で走り抜けている全長五百キロの道を自分の足で歩いてみたいと思うようになった。

時速二七〇キロから五キロに減速したら、どんな風景が見えるだろう。かつて宿場町として栄えた町は、いまどうなっているのだろう。人々が暮らし、旅人たちが歩み固めてきた東海道を、歩く速度から見てみたい。そんなことから私の東海道歩きが始まった。

歩いたのは東海道の旧道、いわゆる旧東海道である。これは徳川家康が慶長六年(一六〇一)全国支配のために整備した五街道の一つで、江戸の日本橋を起点とし、五十三の宿場を経て京都三条大橋に至る、およそ四九二キロの道のりだ。

ちなみに、東海道は五十七次でもあった。東海道は京都の一歩手前、大津の先の追分で二つに分かれると、一方は京都へ、もう一方は大阪の高麗橋に向かう。大阪への道は、文禄三年(一五九四)秀吉が伏見城と大坂城を最短距離で結ぶため、淀川沿いに築かせた文禄堤が元になっており、家康の時代に伏見、淀、枚方、守口の四宿が設けられたので五十七次になるが、京の都と江戸を意識したいがため、私の旅は京都を目指す五十三次とした。

平成二十三年(二〇一〇)暮れに日本橋を出発。最初はおそるおそる、次第に慣れてくるとペースがあがり、毎月一日から三日程度の旅を続け、およそ一年がかりで京都三条大橋に到着したが、都から東を目指した人々の気持ちにも寄り添いたくなり、到着後すぐにまた京都を発った。さらに東海道の往復と並行して、脇街道である姫街道や佐屋街道、大阪高麗橋に至る五十七次の東海道(京街道)、伊勢に通じる伊勢街道も歩いたので、取材は約二年、千キロを優に越える旅になった。

最初に正直に申し上げよう。現在の東海道にはがっかりさせられることが多い。排気ガスが充満した国道、立ち並ぶビル群、破壊された遺跡、工場の煙突からはき出される煙…。そうした場面に落胆し耐えながら、ひたすら歩き続ける場面も少なくない。そこに酷暑が加われば、苦痛という他ない旅路にもなる。けれども、いやだからこそと言うべきだろう、延々黙々と歩き続けているうち、私の目は変わっていった。

土地は生き物だ。こちらが心を寄せれば、必ず良いところを見せてくれるようになる。そうなればしめたもので、次第に私はこの街道に魅せられていった。

東海道を歩きながら驚き心を奪われたのは、何よりもこの街道に堆積した歴史の厚みだった。五十三の宿場に沿って歩くので、当然最初の関心は江戸時代に向けられるが、歩きながら次々に現れる史跡を辿っていくうち、この街道は戦国時代、鎌倉時代、平安時代はもちろんのこと、有史以前まで遡る日本列島の歴史を有する道、さらにいえば日本の歴史そのものであると思え、東海道歴史絵巻を繰るような思いで歩き進んだ。

各地で語り継がれる神話や伝説の数々も、私の心を捉えた。日本武尊の伝承はその最たるもので、そのほか子供のころからよく知っている浦島太郎やかぐや姫などの伝承もあったが、それらが東海道沿いに伝わる不思議を追い求めていくうち、そうした神話や伝説を語り継いできた土地の人たちの思いにも心打たれ、必ずしも史実とは一致しなくても、それもまた歴史なのだという気持ちを強くした。

東海道が持つ空間的な拡がりにも、目を見張らされた。言うまでもなく東海道は東西を結ぶ街道で、東西それぞれの起点が現在に至るまで日本の政治や経済、文化の中心地であり続けていることから、常に二つの地点の間を人やものが行き来し、街道沿いには双方からの影響が様々な形で及んでいるが、東海道はそればかりか南北各地とも強い結びつきを持つ道である。内陸と海岸沿いを結びつけているのは富士川、大井川、天竜川のような河川と、川沿いに発達した身延道や秋葉街道に代表される川筋の道だが、東海道を新幹線で行き来しているだけのころは、そのことに気づくことはなかった。

空間的な拡がりということでは、海の存在も重要だ。日本橋を発ってから四日市に至るまで、ときおり海の存在が意識に上るが、海は東海道から遙かに離れた土地との結びつきを可能にするスケールの大きな道でもあった。外洋のきらめきを目にするたび、東の海の道を通じた往来に思いを馳せた。

最後にもう一つ。東海道を歩いていると、懐かしい街道風景や、海、山、川が絶妙に配された自然景観に出会う。初めにも書いたように、現在の東海道は交通量の多い殺風景なところが多く、そういう道を何時間も歩き続けるのは苦痛だが、それだからこそ青空に浮かぶ富士山に出会えたとき、坂の向こうに蒼い海を捉えたとき、時間を巻き戻したような街並みを目にしたときの喜びはひとしおで、その気持ちが次の一歩への原動力になった。

旅を終えるとすぐ、壮大な東海道の歴史絵巻を言葉で綴りたいと机に向かったが、東海道を書くということは、予想をはるかに超えて難しく、東海道の大海で何度も溺れかけたが、東海道に底流する時間の奥行きと空間の拡がりや、この街道が日本の歴史そのもの、旅そのものであるということを伝えるには、やはり文章をもってやるしかないと思い至り、机上でさらに数年にわたって東海道と向き合い、東海道自身の声に耳を傾けた。その結果がこの紀行だ。

東海道に堆積した歴史の厚み、多くの人が行き交い残した足跡や伝説、所々で目にする自然豊かな風景や旧道らしい街並みといった、私が東海道に魅せられた要素に照らし、四九二キロ、五十五箇所を風の吹くまま描いた結果、視点の定まらないものになってしまったと危惧しているが、そもそも旅というのは、行き当たりばったりの不確定要素によって面白みが増すということもある。この紙上の旅もそうあって欲しいと願いつつ、出発の合図をしようと思う。

いざ東海道へ。

 

 

 

 

関連記事

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    日坂

    緑豊かな石畳の金谷坂を上っていく。一番茶の収穫が終わり、枝も露わな茶畑…

  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    沼津

    三島と沼津の間はおよそ六キロ。道も平坦なので、気がついたらもう沼津だっ…

  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    桜田へ 鶴《たづ》鳴き渡る 年魚《あゆ》市《ち》潟《がた》 潮干《しほ…

  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    御油

    築百年は経っていそうな家、軒下に手筒花火をつり下げた家、北西角にジノカ…

  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    庄野

    石薬師の家並みが途切れると、東海道は畦道になる。もう数ヶ月早かったら目…

  6. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    駿河には過ぎたるものが二つあり 富士のお山に原の白隠こんな俗謡…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    藤沢
  2. すばらしい手仕事

    琵琶湖真珠
  3. 寄り道東海道

    ういろう
  4. 寄り道東海道

    源兵衛川
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    平塚
PAGE TOP