連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

大磯

大磯町に入り花水川を渡ると、高麗こま山の存在感が一段と増す。お椀を伏せたようにころんと丸いこの山は、標高こそ百六十メートルほどと低いが、周りに高い建物がないので遠くからでも目に付く。

山の名前同様、地名も高麗というように、周辺には渡来伝承がある。東海道から一キロほど南にある花水川河口の地名はもろこしはらというから、渡来人たちはここから上陸したのかもしれない。ちなみに河口の海岸も唐ヶ浜。唐ヶ原の唐は韓国からくにから来ているのだろうか。

高麗山の麓に高来たかく神社がある。そう呼ばれるようになったのは明治三十年(一八九七)からで、それ以前は高麗神社、高麗権現社あるいは高麗三社権現だったように、高麗山と関係が深いお社だ。

私の東海道の旅に、街道沿いや周辺にある寺社参詣は欠かせない。時間が押すのを承知で、鳥居をくぐり高麗山に向かって進んだ。

境内は鬱蒼とした木々に包まれ、木立の奥に拝殿が見える。屋根は瓦葺き、その下には短いしめ縄。高来神社と書かれた提灯が左右に吊され、普通の神社の拝殿ではなくお寺のお堂のように見える。別当寺だった高麗寺のお堂をここに遷し、神社の拝殿としたらしい。

いつ頃の創建だろうと境内を見回すと、由来の書かれた表示を見つけた。そこには「神武天皇の時代」とあるが、渡来人が関係する土地なら、この神社の創建時期もある程度予想がつく。

お詣りを済ませ、登山道に向かう。道は男坂と女坂の二つ。体力温存のため、緩やかな女坂を行く。緩やかとはいえやはり山は山、次第に息があがってくるが、日本橋からここまで舗装された道ばかりを歩いてきたので、土を踏みしめる感触に嬉々とする。かさっ、かさっと、落ち葉を踏みしめる音が、心地よいリズムを生む。やがて目の前に心臓破りとも言えそうな急な石段が現れ、そこを一気に上がると、こぢんまりとした平坦な空間に出た。

むき出しになった小さな石の祠の前に、礎石と思われる四角い石が点々と置かれ、そこに木漏れ日が差している。高麗権現社跡のようで、地元の人らしい老女が石の祠に向かって熱心に手を合わせている。後に続いて私もお詣りを済ませると、片隅のベンチに腰を下ろし、リュックから地図を取り出した。

先ほど渡った花水川は高麗山の東を通り海に注いでいるが、源流はどのあたりなのか気になったのだ。

地図を指でなぞりながら川を遡っていくと、高麗山の北で川は名前を金目川と変え、秦野に通じているとわかる。秦野といえば、秦氏にゆかりの土地だ。秦氏は養蚕、金工、土木などの技術をもたらしたことで知られる新羅系渡来人だが、とくに治水の功績が大きい。

花水川の名は、万葉仮名の波奈美頭可波に由来すると聞いた。美頭は波のようにうねる古代人の髪のこと。そういう川なら、ひとたび大雨が降れば水が溢れ、周囲に被害をもたらしただろう。そこに秦氏の技術が生かされたことは十分考えられる。

再び地図に目を落とすと、高麗山から西には丘陵が続いているのがわかる。現在湘南平と呼ばれる西続きの山は、かつて泡垂あわたら山と呼ばれていた。『曽我物語』に由来する名で、虎御前のもとにいた兄十郎の元へ、弟五郎が馬でこの山に駆け上ったところ、山頂付近で馬が泡を垂らしたところから、そう名付けれたとのことだが、さらに古くは泡多羅山とか阿波多羅山などと書かれていたというから、これはタタラ製鉄に由来するのではないだろうか。花水川の上流が金目川というのも、鉄を連想させる。

そういえば数日前、大磯の浜辺で左義長祭があった。竹や藁で編んだ巨大な斎灯を燃やし、無病息災を祈る祭で、今回は行くことができず残念だったが、その由来にも鉄の存在が垣間見えることに気がついた。

由来というのはこういうことだ。一つ目小僧と呼ばれる厄神が、村人の行いを帳面に書いてまわっていたところ、夜が明けてしまい、慌てた一つ目小僧は帳面を道祖神に預けて帰ってしまった。困った道祖神は自分の家とともに帳面を燃やすことにした。これが大磯の左義長の始まりと伝えられ、その厄神が来る十二月八日は外出を控える、玄関先に目の多い籠を出して追い払う、といった風習が戦前まで続いていたというが、ここに登場する一つ目小僧というのは、製鉄の神天目一箇神あまのまひとつのかみのことではないだろうか。

古代たたら製鉄では炉を見続けたために片目を失う人が多かったことから、一つ目の神が製鉄、金作りの神として信仰されるようになったと言われる。左義長祭の由来にある一つ目小僧に、製鉄の神の姿が重なっていたとしたらどうだろう。

鉄は古代人にとって大切な資源だ。大磯に残されている渡来人の足跡も、そうした大磯の土地の力に引き寄せられたものだったのではないだろうか…。

いつの間にか、先ほど手を合わせていた老女はいなくなり、薄暗い高麗山の山頂は私だけになった。こういう場所は、むしろ一人きりのほうがよい。向き合い語りかけるのは、土地の精霊。答えはない。自分で見つけなさい。木の葉が風に揺れる音に混じって、ふとそんな声が聞こえたような気がしたが、思い過ごしだったようだ。

    

東海道に戻り、高麗山から西に続く大磯丘陵の山並みを正面に見ながら、先を急いだ。神社から二百メートルほどで、化粧坂けわいざかの信号が見えてくる。東海道はそこで国道一号線から分かれ、松並木の旧道に入るが、化粧坂というのは『曽我物語』に登場する曽我兄弟の兄十郎の恋人・虎御前にゆかりの場所。坂はその先にある。

曾我兄弟といえば仇討ちである。建久四年(一一九三)源頼朝主催の巻狩りの最中に、曽我兄弟は父の敵討ちのため頼朝側近の命を奪った。兄はその場で討たれ、弟は翌日処刑されたが、開かれて間もない幕府にとって衝撃的な事件だっただけに、事は伏せられ闇に葬られそうになったが、遊女で十郎の恋人だった虎御前がこの話を語り継いだことで徐々に広まり、鎌倉時代の終わり頃その話も含めた『曽我物語』が完成すると、今度は瞽女ごぜや巫女らが『曽我物語』を語り継いだ。さらに江戸時代、歌舞伎の題材として取り上げられると一層の人気を博したが、そうなったのには仇討ち人気もさることながら、虎御前の口承、さらにはそれを引き継いだ瞽女たちによる語りの力によるところが大きかったのだと思う。

虎御前の出自については諸説あるが、真名本『曽我物語』によると、母は平塚宿の遊女夜叉王、父は宮内判官家長で、五歳のときに父が亡くなったことから、その美貌をかわれて大磯の長者の養女になった。寅の年寅の日寅の時に生まれたことから三虎御前と呼ばれた彼女は、十七歳のとき十郎と出会い恋に陥るが、出会ってわずか三年後十郎は本望を遂げ命を落としてしまった。十郎亡き後の虎御前は、箱根権現社の別当のもとで出家し、六十四歳で亡くなるまで曾我兄弟の菩提を弔うため各地を廻りながら仇討ちの話を伝えたという。

そんな虎御前を偲びながら、化粧坂に入っていく。鎌倉時代、賑やかな遊里だったという化粧坂は、現在静かな松並木の旧道で、車の往来もほとんどない。松は家々の前に設けられた緑地帯に植えられている。松に混ざって椿や欅も見られるので、松並木というより松のある並木道の雰囲気だが、道幅といい街道沿いの自然といい静けさといい、いかにも旧東海道といった感じで、さっと通過してしまうのがもったいないようだ。

道の片隅に、虎御前が化粧をしたと伝わる化粧井戸跡が残っていた。化粧坂はそこから来ているが、高麗山を望むこの井戸は古の時代信仰対象だった高麗山に付随する聖なる井戸だったのかもしれない。もしそうならそこで化粧をするということも神聖な行為になるが、恐らくそうだったのだろう。神前で舞を奉納し神に仕える巫女的な存在だったのが古代の遊女である。虎御前の生きた中世、その意味合いは多少変わってきたかもしれないが、白拍子などはまさに巫女舞から発展したものと言われている。十郎亡き後の虎御前は、十郎の鎮魂につとめる祈りの日々を過ごしたという。その祈りはまさに神聖な心の現れだろう。

旧道はその後JRの線路を越え、国道一号線に合流するとしばらく海岸線に平行するように西に向かう。浜までは二百メートルほど。時おり潮の薫りが漂ってくる。

そういえば、高麗山に気を取られていたが、大磯では海を見るのを楽しみにしていたのだった。

脇道に入り海岸に出ると、目の前に太平洋が拡がっていた。砂に足を取られながら、波打ち際まで行ってみる。弧を描きながら果てしなく続く海岸に、波が押し寄せては引いていく。その様子を眺めていると、こちらの体まで持っていかれそうになる。

富士山はあいにく雲に隠れているが、独特の形をした箱根の連山は見える。正面遙か彼方の小さな点、あれは大島だろう。

群青色の海が手前に来るにつれて少しずつ色を薄め、最後足もとまで来ると、波になって色を失う。

相模道さがむぢの 余綾よろぎの浜の まなごなす らはかなしく 思はるるかも
                              万葉集巻十四 三三七二

大磯の浜は小淘綾こゆるぎ浜と呼ばれ、風光明媚なことから古来歌に詠まれてきた。小淘綾は律令制の時代このあたりが余綾よろぎ郡だったことに由来するようだが、さらに元を辿れば「よろぎ」というのは、緩やかに打ち寄せる波のことだろう。

この波に乗って様々な人が大磯に流れつき、この地を踏んだ。波の揺らぎを見ているうち、海面に射す陽光の帯が、東の海の道に見えた。

 

 

*写真ページ「旧東海道のひとこま」も更新しましたので、合わせてご覧くださいませ。

 

 

関連記事

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    丸子

    丸子《まりこ》に来たら、立ち寄りたい場所があった。名物とろろ汁の店だ。…

  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    新居

    古代、琵琶湖は都に近い湖ということから「近つ淡海《おうみ》」と呼ばれ、…

  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    江尻

    江尻は現在の清水、清水港に注ぐ巴川下流にある。江の尻なので江尻なのだろ…

  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    桜田へ 鶴《たづ》鳴き渡る 年魚《あゆ》市《ち》潟《がた》 潮干《しほ…

  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    吉原

    田子の浦ゆ うち出でて見れば ま白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける…

  6. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    関が近づいてくるにつれ、道の先に聳え立つ鈴鹿山脈の、その山肌までもが捉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    大津
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    庄野
  3. まちなみ風景

    富田林(一)
  4. 寄り道東海道

    石山寺
  5. 寄り道東海道

    小田原城
PAGE TOP