寄り道東海道

水口城跡

連載の水口でも触れたように、水口には二つの城がありました。

一つは秀吉の命により天正十三年(一五八五)に築かれた水口岡山城で、水口特有の紡錘形の三筋の街道は、この城の城下町の名残です。

もう一つが、今回ご紹介する江戸時代に築かれた水口城です。関ヶ原の合戦後、水口は幕府の直轄地かつ東海道の宿場町となります。そのため水口には将軍も立ち寄ることがあったことから、家光の時代の寛永十一年(一六三四)に、上洛の際の宿館として築かれました。

 

  

作事奉行は小堀遠州。水堀に囲まれた本丸と二の丸から構成されており、御殿は京都の二条城を模した豪華な造りだったようです。

ただ水口城が将軍の宿泊所として使われたのは家光が上洛した際の一度きりで、天和二年(一六八二)に水口藩が成立すると、水口城は藩主の居城となりました。

水口城は別名碧水城と呼ばれます。これは初代藩主として水口城に入った加藤明友(賤ヶ岳七本槍・七将の一人加藤嘉明の孫)による命名です。

明治維新後水口城は廃城となり公売に付され、建物や石垣の大半が処分されてしまいましたが、将軍家の宿館としての価値が見直され昭和四十七年(一九七二)に滋賀県の史跡に指定されたのを機に、わずかに残っていた石垣を整備修復、別の場所に移築されていた本丸乾矢倉を再移築し、平成三年(一九九一)に水口城資料館として開館しました。

矢倉が美しい姿をしているだけに、将軍の御殿として築かれた豪華な水口城を見てみたかったという思いに駆られます。

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    旧逢坂山隧道

    大津と山科の間には標高三百二十五メートルの逢坂山があります。逢坂峠のこ…

  2. 寄り道東海道

    新居関所

    江戸時代全国に五十以上置かれた関所の中で、当時の建物が残っているのはこ…

  3. 寄り道東海道

    笠覆寺(笠寺観音)

    鳴海宿を後にし、次の宮(熱田)を目指し北西方向に旧東海道を歩いていると…

  4. 寄り道東海道

    田中城跡と下屋敷

    藤枝は田中城の城下町でもありました。田中城は四つの曲輪と四つの…

  5. 寄り道東海道

    元箱根の石仏

    芦ノ湖から現代の東海道である国道一号線を小田原方面に戻るように進むと、…

  6. 寄り道東海道

    帯笑園

    旧東海道原宿の中心部からほんの十数メートル南に入ったところに、原の素封…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    草津宿本陣
  2. 寄り道東海道

    岩屋観音
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    四日市
  4. 心に留まった風景

    白沙村荘
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    戸塚
PAGE TOP