祭祀風景

五山送り火

台風の影響が心配されましたが、十六日の朝には天気も回復し、夜の八時に無事如意ヶ嶽(大文字山)の大文字に火が灯されました。

最初小さな点だった炎があっという間に拡がり、夜空に炎の大文字が浮かび上がります。

古来、人は亡くなると山に帰り、お正月やお盆に里に帰ってくると信じられてきました。先日六波羅蜜寺で大の字に灯された炎を前に精霊を迎える萬燈会に参加しましたが、今宵はこの送り火によって精霊が山に帰っていきます。

大文字に火が灯されてから五分後、今度は妙法に火が灯されます。(妙は木に隠れてこの場所からは見えませんが、別のところで見ることができました。)

さらに五分後には舟形。そのまた五分後には左大文字。最後に鳥居形。

私が送り火を見届けた場所から一番よく見えるのは大文字ですが、少し移動すると鳥居形以外は見ることができました。

 

今年は父の新盆ということもあり、護摩木を奉納しました。自分で戒名や願いごとなどを書いて昨日納めてきたのですが、それによってこれまで見てきた五山送り火が、自分の祖霊の送り火としてより身近に感じられました。

 

 

お盆が終わると、精霊が帰ってしまう。そう思うと寂しい感じがしますが、私はこうして精霊を送りつつも、身近な人の魂は常にそばにあると信じていますので、明日からはまた一緒に。

 

 

 

関連記事

  1. 祭祀風景

    六波羅蜜寺の萬燈会

    なき跡をたれとしらねど鳥辺山 おのおのすごき塚の夕暮   西行…

  2. 祭祀風景

    みたらし祭

    先週土曜日の二十七日は土用の丑の日でした。鰻をいた…

  3. 祭祀風景

    狸谷山不動院 火渡り祭

    京都盆地の東に連なる東山三十六峰。最北は比叡山で、それに続く赤山や修学…

  4. 祭祀風景

    六道まいり

    関西では間もなくお盆を迎えます。今年は父の新盆ですが、父は東京…

  5. 祭祀風景

    峰定寺の採燈護摩供

    前回投稿した野間大坊は、最近の投稿では珍しく海に近い場所に鎮座するお寺…

  6. 祭祀風景

    祇園祭 船鉾の巻

    七月の京都は祇園祭一色です。一日の吉符入りに始まり、三十一日の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    箱根
  2. 古社寺風景

    能勢妙見山
  3. 祭祀風景

    狸谷山不動院 火渡り祭
  4. 寄り道東海道

    油山寺
  5. 古社寺風景

    上御霊神社
PAGE TOP