お知らせ

『テオリア 高橋英夫著作集』全八巻刊行のお知らせ

いつも当ブログをご覧いただきまして、どうもありがとうございます。

来る五月に河出書房新社より『テオリア 高橋英夫著作集』が刊行されることになりました。昨年岩波書店から刊行された遺稿エッセイ集『五月の読書』に続き、二年連続花々が咲き競う季節に新刊のご案内となります。

著作集刊行は父の悲願でしたが一昨年二月に他界、全体の編集を手がけてくださった元小沢書店の長谷川郁夫氏も昨年五月に他界されてしまい、父と長谷川郁夫氏二人の遺作となりました。

私も裏方として関わらせていただく中、巨大な巌に跳ね返されたり、大海でおぼれかかったりもしましたが、文章を書くということ、考えるということ、その緊張感と開放感のうねりに身を置き、呼吸を共にできた時間はかけがえのないものとなりました。

先日チラシが完成しましたので、こちらでもご案内させていただきます。

いまでは手に入りにくい文章も何編か収録されています。一人でも多くの方にお読みいただけましたら幸いです。発売日など詳細はこちらをご覧ください。なお私も父に代わり後記を書きました。八巻に入る予定です。

 

 

 

 

関連記事

  1. お知らせ

    書評が掲載されました

    アクセスどうもありがとうございます。十二月五日発行の「仏教タイ…

  2. お知らせ

    「図書」(岩波書店)にエッセイが掲載されました

    いつも当ブログをご覧くださり、どうもありがとうございます。岩波…

  3. お知らせ

    ブログを再開しました

    皆さま こんにちは。ご訪問どうもありがとうございます。エッセイストの高…

  4. お知らせ

    「季刊文科78号」(鳥影社)にエッセイが掲載されました

    いつも当ブログをご覧くださいまして、どうもありがとうございます。…

  5. お知らせ

    『五月の読書』

    先日ご案内いたしましたように、父故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(…

  6. お知らせ

    今週の連載投稿をお休みします

    いつも当ブログをご覧くださり、どうもありがとうございます。おか…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. すばらしい手仕事

    錫の器
  2. 心に留まった風景

    石舞台古墳
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    新居
  4. 寄り道東海道

    長安寺(関寺)
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    岡崎
PAGE TOP