お知らせ

長谷川郁夫氏追悼

 

小沢書店時代には数多くの優れた文芸書を出版され、晩年には評伝を中心に読者を惹き込む読み応えのある著作を残された長谷川郁夫氏が逝去されてから、はや一年が過ぎました。

 

長谷川氏が生前に立ち上げた日本編集者学会の学会誌「Editorship」が、このたび長谷川郁夫氏の追悼特集を組み、先日刊行されました。長谷川氏と長年にわたり親交のある方々が寄稿された文章と、長谷川氏の未発表原稿、小沢書店の刊行目録、インタビューなどから構成された一冊で、長谷川氏の文芸出版にかけた人生が浮かび上がってきます。現在刊行中の『テオリア 高橋英夫著作集』(河出書房新社)の全体編集を手がけてくださったのが長谷川氏で、私も校正で多少関わったこともあり、僭越ながら追悼エッセイを寄稿させていただきました。思いの丈を文章で綴ることは簡単ではありませんが、少しでも感謝の気持ちが長谷川氏に届くことを願っています。

 

 

「Editorship 6 追悼 長谷川郁夫」(田畑書店)

 

先日、『テオリア』の第一巻と『Editorship 追悼 長谷川郁夫』を携え、編集者の方たちと十国峠にある長谷川氏の墓地にお参りに行きました。陽差しは強くても爽やかな風が吹き抜け、相模湾や富士山も望める静かな場所です。きっと今頃ここで安らかにお休みになられていることでしょう。でも長谷川氏のことですから、あちらでも仕事の構想を練るのに忙しくされているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. お知らせ

    連載再開のお知らせ

    アクセスどうもありがとうございます。夏休みに秋休みが加わり、長らくご無…

  2. お知らせ

    父・故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(岩波書店)刊行のお知らせ

    いつも当ブログをご覧くださり、どうもありがとうございます。コロナの感染…

  3. お知らせ

    9月1日(金)から連載を開始します

    皆さま こんにちは。当サイトへのご訪問、どうもありがとうございます。…

  4. お知らせ

    『テオリア 高橋英夫著作集』第二巻 刊行

    梅雨明け宣言はまだですが、連日三十度を超える日が続き、夏本番の今日この…

  5. お知らせ

    『テオリア 高橋英夫著作集』全八巻刊行のお知らせ

    いつも当ブログをご覧いただきまして、どうもありがとうございます。…

  6. お知らせ

    『テオリア 高橋英夫著作集』第一巻 刊行

    先日ご案内しました『テオリア 高橋英夫著作集』の第一巻「批評の精神」が…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 古社寺風景

    野間大坊
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    箱根
  3. 寄り道東海道

    影取池伝説
  4. 古社寺風景

    道明寺と道明寺天満宮
  5. 心に留まった風景

    日本画家 木島櫻谷
PAGE TOP