古社寺風景

勝尾寺

大阪北部、箕面みのおの山中に、奈良時代創建と伝わる真言宗の古刹で、西国三十三所第二十三番札所にもなっている勝尾寺かつおうじがあります。

山門をくぐり、霧に包まれた橋を渡ると、二十六万平方メートルという広大な境内に、多宝塔や大師堂、本堂などが点在しています。

  

伝承によると、神亀四年(七二七)善仲、善算上人が仏道修行のためこの地に草庵を築いた後、光仁天皇皇子の開成が両上人を師として天平神護元年(七六五)に弥勒寺を創建したことに始まります。

以前このブログで箕面の滝を取り上げましたが、勝尾寺はその滝から北東に二キロほどのところにあります。滝も含めた箕面の山は山岳信仰の聖地で、勝尾寺もその拠点として古くから栄えていました。

清和天皇の時代、時の住職が天皇の病気平癒を祈願したところ、効験があったことから、勝王寺の寺号を天皇より賜わりましたが、畏れ多いとして王を尾に改め、勝尾寺と号しています。以来、勝運信仰が盛んになり、源氏から徳川まで、各時代の武将らも参詣に訪れたと言われています。その信仰は現在も続いていて、境内にはあちらこちらにだるまが奉納されています。

  

 

源平合戦で多くの伽藍を焼失、源頼朝の命で再建されており、薬師堂だけが当時のものですが、現在あいにく修復中。山門と本堂は豊臣秀頼によって再建されたものです。

  

写真左が山門。右が本堂です。

 

 

手入れの行き届いた境内。あちらこちらで木々が色づいています。

 

関連記事

  1. 古社寺風景

    住吉大社

    難波宮跡の南西およそ十キロほどのところに、摂津国一宮の住吉大社がありま…

  2. 古社寺風景

    大依羅神社

    前回、古代において国家規模で行われた事業の一つとして依網池《よさみいけ…

  3. 古社寺風景

    今熊野観音寺

    今回は西国三十三所の第十五番札所、今熊野観音寺のことです。穴太…

  4. 古社寺風景

    粉河寺

    三重県と奈良県の境にある大台ヶ原に発し、中央構造線に沿って紀伊半島を横…

  5. 古社寺風景

    百済寺

    東海道に心血を注いできたここ数年間は、他の場所を訪れても気持ちが入って…

  6. 古社寺風景

    呉服神社

    小正月の一月十五日、呉服《くれは》神社にお詣りに行きました。先日投稿し…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. まちなみ風景

    富田林(二)旧杉山家住宅
  2. お知らせ

    「季刊文科78号」(鳥影社)にエッセイが掲載されました
  3. 古社寺風景

    酬恩庵一休寺
  4. 古社寺風景

    禅定寺
  5. 寄り道東海道

    笠覆寺(笠寺観音)
PAGE TOP