心に留まった風景

備前焼の里 伊部

岡山県東部に位置する備前市の伊部いんべは、日本六古窯の一つ備前焼の里です。

 

町には数多くの窯元が点在。赤煉瓦の煙突や備前焼が敷き詰められた店舗前のオープンスペース、備前焼で作られた案内表示などが目を惹きます。

伊部の町は山々に囲まれています。その山の斜面を利用して、鎌倉時代から備前焼が作られました。

こちらは室町時代から江戸時代にかけての大規模な窯跡のうち、不老山中にある伊部北窯跡。現在ここは忌部神社の境内でもあります。

 

忌部神社の御祭神は天太玉命アメノフトダマノミコト。大和朝廷の祭祀を司った古代氏族・忌部氏の祖とされる神さまです。

 

目を凝らすとあちらこちらに陶片が転がっていますが、ここは国の史跡。持ち出しは厳禁です。

 

 

 

 

 

また伊部北窯跡の南、不老山の麓には江戸時代の天保窯が残っています。

 

江戸時代も半ばを過ぎると、備前焼の需要が減少し、藩の保護も手薄になっていったため、小型で効率のよい窯が築かれたのです。

 

 

 

 

 

こちらが内部。

昭和の初期まで使われていました。

 

 

 

 

ちなみに現在忌部神社は、こちらの天津神社の摂社になっています。

 

 

 

 

 

 

天津神社でも、屋根や参道などに備前焼が使われています。

まさに備前焼の里です。

余談ですが、連載「歩いて旅した東海道」の「原」の章で、備前の話が登場しますので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

関連記事

  1. 心に留まった風景

    大田神社の杜若

    神山《こうやま》や大田の沢のかきつばた ふかきたのみはいろにみゆらむ…

  2. 心に留まった風景

    慶沢園

    大阪の天王寺は、以前当ブログでもご紹介した四天王寺に由来するように、歴…

  3. 心に留まった風景

    湖北のコハクチョウ

    琵琶湖の北、湖北と呼ばれる一帯には、さまざなま渡り鳥が飛来します。なか…

  4. 心に留まった風景

    一蓮托生

    私は関西に住んでいますが、父は東京の人でしたので、いままさに新盆です。…

  5. 心に留まった風景

    益田岩船

    飛鳥駅から北西に一キロほどの山中。薄暗い山道の先に光が射し込む場所に巨…

  6. 心に留まった風景

    清流の町 醒井

    居醒《いさめ》(居寤)の清水と聞いて思い浮かぶのは、日本神話におけるヤ…

最近の記事

連載記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    浜松城
  2. 手がけた書籍(高橋英夫の本)

    父・故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(岩波書店)刊行のお知らせ
  3. 心に留まった風景

    小石川後楽園
  4. 古社寺風景

    玉祖神社
  5. 心に留まった風景

    旧閑谷学校
PAGE TOP