寄り道東海道

中山新道

金谷宿だった商店街を過ぎJRの高架をくぐると、旧東海道は急な上り坂になります。

途中でふと右を見ると、中山新道と書かれた小さな表示があり、その先に道が延びています。

中山新道は明治に入り増大する交通量に対応すべく、険しい峠道(小夜の中山峠)を通らず金谷と日坂を行き来できるようにと開かれた道で、旧国道一号線はこれが元になっているそうです。新道の開通は明治十三年(一八八〇)。これも苦労の末に開かれた道でした。

茶の生産が軌道に乗ってくると、運搬する茶の量も増え、大八車が通れる道の建設が急務になりました。ところが資金繰りが苦しい新政府は、道路整備にまで手が回りません。そこで個人が自らの資金で道や橋を造った場合は、通行料を徴収してよいということになりました。

そのとき立ち上がったのが金谷生まれの杉本権蔵です。

権蔵は静岡の富豪たちに資金提供を募り、工事に着手、着工からおよそ七ヶ月後に新道が完成しました。距離はわずか六、七キロですが、人力で山を切り開いて道を造る作業は苦労の連続でした。

完成した中山新道は東海道の小夜の中山峠よりも楽だったことから大いに利用され、一日に千人近くが通ることもありましたが、明治二十二年(一八八九)に東海道本線が全線開通すると、中山新道の利用者は激減し、維持が困難になってしまいます。

結局新道は国道になり、未償却分は杉本権蔵の孫と出資者で負担したといいますから、なんとも胸の痛む話です。

中山新道の表示は地味で目立たちません。目の前の急坂に気を取られていたら見過ごしたかもしれませんが、ここにも時代の変革がもたらした光と影があったのです。

関連記事

  1. 寄り道東海道

    長寿寺

    石部の南六キロほどのところにある標高六九三メートルの阿星山の北東麓に、…

  2. 寄り道東海道

    源兵衛川

    三島を歩いていると、あちらこちらで富士山の伏流水を源とする清流を目にし…

  3. 寄り道東海道

    楽寿園

    先日投稿した源兵衛川の水源をたどり、楽寿園にやってきました。楽…

  4. 寄り道東海道

    田中城跡と下屋敷

    藤枝は田中城の城下町でもありました。田中城は四つの曲輪と四つの…

  5. 寄り道東海道

    名古屋城

    伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋は城でもつ江戸城は別…

  6. 寄り道東海道

    浜松城

    東海道は連尺の交差点を左折し南に向かいますが、右折し北に四百メートルほ…

コメント

    • wpmaster
    • 2018年 3月 05日

    コメントをどうもありがとうございます。こういう小さな歴史は、その場所に行かないと知り得ないものですが、たまたま通りがかりに目が留まりましたので、このささやかな場所に記録させていただきました。いつもありがとうございます。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 3月 05日

    歴史を学ぶことは、未来を見通す困難さと、大切さを教えてくれるようですね。一つ一つ歴史を掘り起こしていただいて、感謝します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    浜田城址と鵜森神社
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    平塚
  3. 祭祀風景

    京都の節分 須賀神社の懸想文売り
  4. 寄り道東海道

    岩屋観音
  5. 寄り道東海道

    観音山
PAGE TOP