心に留まった風景

益田岩船

飛鳥駅から北西に一キロほどの山中。薄暗い山道の先に光が射し込む場所に巨大石造物が忽然と姿を現します。高さは五メートル、横幅は十一メートル、奥行き八メートルほどの、益田岩船です。

あいにく背丈が足りず撮影できませんでしたので、橿原探訪ナビをご覧いただけたらと思いますが、上部に一、六メートル四方、深さ一、三メートルの穴が二つ開けられています。

こちらは反対側に回り込んだときの姿。

灌漑用の益田池の築造を記念して弘法大師が建立した石碑の台石であるとか、星占いのための台であるとか、諸説ありますが、未完の双室墓ではないかという説が有力のようです。

上から下に向かって穴を彫り、完成したところで穴が側面に来るように倒すと横穴式石槨になります。ところが途中で石に亀裂が入ってしまい、それ以上彫り進めることができなくなり、この状態で放置されたのではないか…ということです。

じっくり観察したかったのですが、すさまじいヤブ蚊に襲撃され目を開けていることもままならず、早々に退散しました。

飛鳥にはこのほかにも独特な形をした石造物が点在しています。益田岩船はその中でも最大のものです。

別の機会に、そうした石造物の風景をご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

関連記事

  1. 心に留まった風景

    日本画家 木島櫻谷

    木島櫻谷《このしまおうこく》(一八七七~一九三八)と聞いて、すぐにその…

  2. 心に留まった風景

    白沙村荘

    早いもので三月も半ばになりました。この時季いつも自宅の裏山から…

  3. 心に留まった風景

    箕面の滝

    大阪北部にある箕面の滝。ここは修験道の開祖、役小角にゆかりの場所です。…

  4. 心に留まった風景

    稲渕の棚田

    飛鳥川の上流を奥飛鳥と言いますが、その稲渕地区に日本の棚田百選にも選ば…

  5. 心に留まった風景

    備前焼の里 伊部

    岡山県東部に位置する備前市の伊部《いんべ》は、日本六古窯の一つ備前焼の…

  6. 心に留まった風景

    松花堂

    寛永の三筆の一人として知られる松花堂昭乗(他は本阿弥光悦と近衛信伊)。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 古社寺風景

    甲山の神呪寺
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    戸塚
  3. 寄り道東海道

    賤機山と静岡浅間神社
  4. 寄り道東海道

    八丁味噌
  5. 寄り道東海道

    蔦の細道
PAGE TOP