寄り道東海道

沼津漁港

狩野川の河口に沼津漁港があります。往路では余裕がなく寄り道できなかったので、復路で漁港まで足を延ばしてみました。

バスを降りると、あちらこちらで寿司と書かれた幟がはためき、「あじ」「生しらす」「桜エビ」の文字が看板の上で踊っています。

通りには干物を並べた店がずらり。店先に豪快に並べられた鮪や金目の頭の煮付け、籠に盛られた鰺や梭子魚かますなどの干物が飛ぶように売れていきます。

 

脂の乗った良質な鰺がたくさん捕れる上に、日照や水、風が良いので、美味しい干物が出来るのだそうです。確かにその日も快晴で、昼ごろから急に風が強くなっていました。水というのは、三島で湧水地を見たあの柿田川の水だそうですから、それなら美味しいでしょう。あれもこれも買いたいところですが、この先まだ歩かなければならない身では干物一籠がせいぜいです。

「全部沼津沖で捕れたもの。美味しいよ」

とある店で声をかけられ、そこで一籠買うと、その足で展望台に向かいました。

沼津港の外港と内港の境に、最近津波よけの巨大水門が造られました。展望台はその上にあり、一面ガラス張りの回廊から駿河湾はもちろん、運が良ければ富士山も見えると聞いていたからです。

行ってみると、写真の通りの見事な眺望でした。真下には先ほど歩いた魚市場、すぐ後ろには標高二百メートル前後の山並み。

視線を右にずらしていくと、そこはもう狩野川の河口です。ゆったりとした川幅の狩野川は、先ほどから強くなってきた風で白波を立てながら、紺瑠璃の駿河湾に注いでいます。

はるか向こうの山並みは、由比から興津にかけてでしょうか。目を凝らすと薩埵峠さったとうげ、さらに視線を西にずらせば、海面すれすれに日本平も見えます。ということは、そこには駿河湾のもう一つの大きな漁港、清水港があるはずです。

さらに回廊を進むと、千本松原が緑の太い帯状になって、海岸沿いに延びているのが見えます。風が急に強まり、コンクリートの水門の下を音を立てながら吹き抜け、松林を揺らし始めました。

その強風で雲が吹き飛ばされ、隠れていた富士山がほんの一瞬姿を現してくれました。

関連記事

  1. 寄り道東海道

    鉄舟寺

    江尻で清水次郎長の足跡を追いました。次郎長は知れば知るほど味があり、東…

  2. 寄り道東海道

    名古屋城

    伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋は城でもつ江戸城は別…

  3. 寄り道東海道

    大日本報徳社

    掛川城から古城跡に向かおうと歩いていたら、現在の掛川城の東に建つ趣ある…

  4. 寄り道東海道

    蔦の細道

    坂道にかゝれば、いよいよ道細く、山深うして幽寂たり。茅《ちがや》、すす…

  5. 寄り道東海道

    八丁味噌

    岡崎城から西におよそ八百メートル、愛知環状鉄道の中岡崎駅の西に八帖町と…

  6. 寄り道東海道

    新居関所

    江戸時代全国に五十以上置かれた関所の中で、当時の建物が残っているのはこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 古社寺風景

    昆陽寺と昆陽池
  2. 寄り道東海道

    影取池伝説
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    石薬師
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    吉原
  5. 古社寺風景

    飛鳥寺(現・安居院)
PAGE TOP