心に留まった風景

錦市場

二〇一七年も残すところあと一日となりました。

京都の錦市場もお正月用の食材を求める人でごった返しています。

モロコの白焼きや鮒寿司など、お隣の滋賀県の特産品も数多く並んでいます。

上の写真の手前に写っているのがモロコの白焼きです。モロコは琵琶湖の固有種、体長十センチほどのコイ科の小魚で、佃煮にしたり天ぷらにしたり、炭火で焼いたりして食べますが、とくに炭火で焼いた子持ちのモロコはふんわりとしてとても美味しいです。

千枚漬けやすぐきなど、京漬け物を中心に漬け物の種類が豊富なのも錦市場の特徴です。

京都といえば白味噌です。お味噌一つとっても、お雑煮用、味噌漬け用…と何種類もあります。

錦市場にはこのほか京野菜、生麩、湯葉、乾物のお店など、四百メートル弱の通りに百三十店ほどが軒を連ねています。

年末の錦市場の混雑ぶりには圧倒されますが、お店の人たちの威勢の良い大声が飛び交うということはありません。京の食文化を支えている自信が、奥ゆかしくも活気溢れる市場の雰囲気を形作っているように感じられました。

錦市場は最近観光客向けのお店が増えていますが、それでも京都の食材を扱う店は健在です。

 

*************************************************************************

八月末から投稿を開始したこのブログ、おかげさまで今日の投稿が六十二回目になりました。

皆様からのアクセスが励みになり、東海道の道のりのおよそ四分の一まで投稿することができました。どうもありがとうございました。

二〇一八年も同様のペースで投稿してまいりますので、お時間ございましたら是非ご覧くださいませ。

 

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

 

 

関連記事

  1. 心に留まった風景

    常滑

    愛知県知多半島にある常滑は、日本六古窯の一つ、常滑焼の産地です。…

  2. 心に留まった風景

    飛鳥の石造物

    これ、何に見えるでしょうか?飛鳥を巡っていると、このようなどこ…

  3. 心に留まった風景

    高松塚古墳とキトラ古墳

    飛鳥は国家としての「日本」の原点。当然ながら、「日本」の黎明期を担った…

  4. 心に留まった風景

    益田岩船

    飛鳥駅から北西に一キロほどの山中。薄暗い山道の先に光が射し込む場所に巨…

  5. 心に留まった風景

    白沙村荘

    早いもので三月も半ばになりました。この時季いつも自宅の裏山から…

  6. 心に留まった風景

    備前焼の里 伊部

    岡山県東部に位置する備前市の伊部《いんべ》は、日本六古窯の一つ備前焼の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    藤沢
  2. 寄り道東海道

    広重の住居跡
  3. 寄り道東海道

    諏訪原城跡
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    鳴海
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    京都三条大橋(二)
PAGE TOP