古社寺風景

弘川寺

 

ねがわくは花のもとにて春死なむ その如月の望月のころ  西行

 

大阪府の南東、奈良県との境に聳える葛城山に潜り込んだような弘川の地に、西行終焉の地として知られる弘川寺があります。

如月の望月のころとは、二月十五日の満月の日、太陽暦では三月の末に当たります。空寂上人を慕って弘川寺を訪ねた西行は、一年ほどの庵居の後、文治六年(建久元年 一一九〇)二月十六日、弘川寺で没しました。享年七三。歌に込めた通りの最期でした。

いつか弘川寺を訪ねたい、できれば桜の季節に。そう思い続けて何年になるでしょうか。東西の移動が多く、決して長くはない桜の時期にタイミングを合わせることは難しく、弘川寺まで足を延ばすことはできずにいましたが、ようやく今年願いが叶いました。

 

弘川寺は天智天皇四年(六六五)役行者によって開かれたと伝わります。天武天皇の時代に勅命で請雨の祈りを捧げたところ、験著しかったことから弘川寺の名を賜り勅願寺となりました。さらに天平九年(七三七)には行基がここで練行、弘仁三年(八一二)空海によって中興された古刹です。

このように歴史あるお寺ですが、戦国時代に河内国の守護畠山氏による兄弟争いの戦火に遭い、堂宇を焼失しています。現在弘川寺にある建物で最も古いのは、下の鎮守堂。桃山時代のものです。

ところで、弘川寺で西行の墳墓を見いだしたのは、江戸時代の歌僧の似雲じうんです。西行を慕い諸国を巡っていた似雲は、『五畿内志』の作者並河誠所から、西行終焉の地は藤原俊成の歌集より河内の弘川寺だと教えられ、享保十七年(一七三二)に西行の墳墓を発見、延享元年(一七四四)に西行坐像をお祀りする西行堂を建てました。

  

本堂後ろの階段を上っていくと、西行堂があります。

 

  

そこからさらに山の上に進むと、西行塚があります。塚の近くには、冒頭引用した西行の歌碑。

 

また西行塚から背後の山に通じる道の手前には、似雲の墓があります。似雲は西行塚を発見すると、周辺の山に桜を植え、そこに花の庵を建てて住みながら西行堂を建立、生涯を西行に捧げました。

  

そのおかげで、いまお寺の背後の山は桜で埋め尽くされんばかりです。その山は桜山というそうです。

仏には桜の花を奉れ わが後の世を人とぶらはば    西行

西行は死後も自分の願い通りになっているような気がします。

 

なお、本坊の庭園も見事です。桜が終わると、今度は天然記念物の海棠が見頃を迎えます。弘川寺の海棠は樹齢およそ三百五十年、日本一の老樹だそうです。

庭園奥にある西行記念館には西行や似雲にゆかりの品や、弘川寺を訪れた文人墨客の品などが展示されています。(春と秋のみ公開)流れるような西行の字に見とれました。

  

 

 

関連記事

  1. 古社寺風景

    昆陽寺と昆陽池

    「歩いて旅した東海道 藤枝」で行基について書きましたが、行基は河内国、…

  2. 古社寺風景

    道明寺と道明寺天満宮

    大阪平野の南東に位置する藤井寺市は、隣接する羽曳野市と共に古市古墳群が…

  3. 古社寺風景

    壺阪寺

    いまから三百年以上昔のこと。座頭の沢市は目が見えませんでしたが…

  4. 古社寺風景

    大原野神社

    洛西、小塩山の麓の大原野は、長岡京遷都を機に狩猟地として開かれた土地で…

  5. 古社寺風景

    百済寺

    東海道に心血を注いできたここ数年間は、他の場所を訪れても気持ちが入って…

  6. 古社寺風景

    毘沙門堂

    前回投稿した月心寺に続き、今回も山科です。今から八年ほど前、旧…

コメント

    • wpmaster
    • 2018年 4月 05日

    Merci beaucoup.J’aime aussi ce temple.

    • Denis
    • 2018年 4月 05日

    J’aime beaucoup !

    • wpmaster
    • 2018年 4月 02日

    コメントをどうもありがとうございます。おかげさまで満開の桜の時期に行くことができました。夜叉が池にいらしたのですね。龍神伝説の地、いつか行ってみたい場所の一つです。ここも水がきれいなのでしょうね。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 4月 02日

    よかったですね。見事な桜で。今年は伊吹山近辺は例年より1週間以上桜が早い気がします。今日、名古屋に向かうときは、ものすごい桜吹雪で一気に散ってしまいそうです。一方、揖斐郡坂内村にある夜叉が池(蛇伝説でも有名)に昨日、蕗の薹を採りに出かけたところ、入り口付近で溶けていない大雪で道を遮られました。今年は、山菜が芽を出す時期が読みにくい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 心に留まった風景

    常滑
  2. 寄り道東海道

    浮島ヶ原
  3. 古社寺風景

    上御霊神社
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    京都三条大橋(一)
  5. 寄り道東海道

    建部大社
PAGE TOP