心に留まった風景

東寺の夜桜

京都の東寺にひときわ眼を惹く枝垂れ桜があります。

不二桜といって高さが十三メートルにもなる立派な桜です。樹齢は百二十年ほど。平成十八年(二〇〇六)に東寺に移植されたもので、東寺の長い歴史を思えば、ここに根を下ろすようになったのはつい最近のことですが、いまや東寺の風景に欠かせない存在になりました。

夜空に浮かび上がるその姿はどこか神々しく、五重塔と見事に調和しています。

  

金堂の薬師三尊や講堂の御仏たちは、昼間拝観する以上に、彫りの陰影が際立ち、御顔も金色に輝いて見えました。

 

 

 

関連記事

  1. 心に留まった風景

    甘樫丘

    奈良県明日香村にある甘樫丘《あまかしのおか》は標高百五十メートル足らず…

  2. 心に留まった風景

    箕面の滝

    大阪北部にある箕面の滝。ここは修験道の開祖、役小角にゆかりの場所です。…

  3. 心に留まった風景

    旧閑谷学校

    備前焼の里・伊部から車で十分ほど、周囲を山々に囲まれた閑谷《しずたに》…

  4. 心に留まった風景

    飛鳥の石造物

    これ、何に見えるでしょうか?飛鳥を巡っていると、このようなどこ…

  5. 心に留まった風景

    常滑

    愛知県知多半島にある常滑は、日本六古窯の一つ、常滑焼の産地です。…

  6. 心に留まった風景

    越畑と樒原

    京都盆地の北西に愛宕山(標高九二四メートル)があります。飛鳥時代の大宝…

コメント

    • wpmaster
    • 2018年 4月 03日

    コメントをどうもありがとうございます。思いがけずすばらしい夜桜を見ることができました。ご自宅周辺にそのような立派な桜があるとは、羨ましい限りですが、せっかくの枝を切られてしまったのですね。なぜそのようなことを……。私まで残念な気持ちになります。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 4月 03日

    見に行かれたのですね。幻想的な見事な夜桜です。田舎のうちも2階から桜が見れます。見事な桜だったのに、4~5年前に、林業組合の方が、枝を刈り上げてしまったのです。近在の樹齢100年を超えるような名所だった桜も同じく、刈り上げてしまったのです。誠に残念です。6月にはホタルも庭の中に入ってきます。外に出てみると、狂おしいほどの乱舞が隔年くらいに見れます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    舞阪
  2. 寄り道東海道

    広重の住居跡
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    川崎
  4. 心に留まった風景

    正倉院展
  5. 寄り道東海道

    中山新道
PAGE TOP