寄り道東海道

西明寺

名鉄御油駅から直線距離にして東に五百メートルほどのところに、平安時代創建と伝わる西明寺(曹洞宗)があります。

明治の御雇外国人だった医師ベルツ博士の妻・花は、御油宿の戸田屋の出身でしたが、西明寺に花が建てたベルツ博士の供養塔があるというので立ち寄ってみました。

平安時代中期の寛和年間(九八五~九八七)三河の国司として赴任した大江定基が、赴任中に妻を亡くしたことから、東の岡に庵を結び六光寺としたのが始まりです。定基は任期がくると愛染明王像を当地に残して都に帰り、恵心僧都源信に師事した後、修行のために渡った宋で客死しました。

その後鎌倉時代に、諸国を巡っていた執権北条時頼が、風光明媚な当地を気に入りしばらく留まっていましたが、去るにあたり不動明王像を残していかれたことから、西の岡に堂が建立されました。北条時頼が晩年出家して最明寺入道と呼ばれたことにちなみ、寺の名も最明寺と改められましたが、戦国時代にはかなり荒廃してしまいます。

戦国時代の永禄五年(一五六二)徳川家康が八幡砦における今川氏との戦いの際当寺に立寄り、空腹をしのいだということがありました。後に家康はそのときの恩から、弥陀の浄土にちなみ、最を西に改めさせ、西明寺となったと言われています。

江戸時代初めに山門や本堂が焼失しますが、その後再建されていますので、現在の諸堂はいずれもそれ以後のものです。

  

 

 

こちらが昭和五年に建てられたベルツ博士の供養塔です。

  

 

 

自然の地形を利用した庭園が見事でした。

  

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    久能山東照宮

    先日鉄舟寺について投稿しました。鉄舟寺の前身は久能寺といい、久能山にあ…

  2. 寄り道東海道

    駿河国一宮 富士山本宮浅間大社

    あけましておめでとうございます。新年早々にアクセスしてくださり、どうも…

  3. 寄り道東海道

    帯笑園

    旧東海道原宿の中心部からほんの十数メートル南に入ったところに、原の素封…

  4. 寄り道東海道

    岩屋観音

    二川の西に岩屋緑地があります。二川宿を出た旧東海道は火打坂の交差点を北…

  5. 寄り道東海道

    大日本報徳社

    掛川城から古城跡に向かおうと歩いていたら、現在の掛川城の東に建つ趣ある…

  6. 寄り道東海道

    田中城跡と下屋敷

    藤枝は田中城の城下町でもありました。田中城は四つの曲輪と四つの…

最近の記事

連載記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

  1. 東海道の祭

    高来神社の御船祭
  2. 心に留まった風景

    稲渕の棚田
  3. 歴史散歩

    難波宮跡
  4. 心に留まった風景

    醍醐寺の桜
  5. 古社寺風景

    為那都比古神社
PAGE TOP