心に留まった風景

慶沢園

大阪の天王寺は、以前当ブログでもご紹介した四天王寺に由来するように、歴史都市という顔を持つ一方で、近年は通天閣やビリケンさん、芝居小屋などが集まる、いわゆるこてこての大阪「新世界」の街ですが、今から四年前に日本一の超高層ビル「あべのハルカス」が出来たことで、キタ(梅田周辺)、ミナミ(難波周辺)に負けじとお洒落なお店も増え、一大商業エリアとして一層の賑わいを見せています。

そんな天王寺の駅から北に二百メートルほどのところに、住友家第十五代吉左衛門(友純ともいと 一八六五~一九二六)が茶臼山本邸の庭園として造営した慶沢園があります。

手がけたのは京都岡崎にある別荘群の庭を手がけたことで知られる七代目小川治兵衛。およそ十年の歳月をかけ大正七年(一九一八)に完成しました。

 

庭の面積はおよそ二千四百坪。大名庭園風の林泉回遊式庭園で、小川治兵衛が得意とする水景を中心とした明るく拡がりのある空間が訪問者を安らぎの世界へと誘ってくれます。

  

庭園内には各地から集めた名石、名木が巧みに配されています。

  

庭園の奥には滝も。初夏のような陽気のこの日、滝音に涼をもらいました。

大正十四年(一九二五)に住友家本邸が神戸に移転したことにより、慶沢園に隣接する旧本邸敷地と茶臼山が大阪市に美術館用地として寄贈されたため、住友時代のものとして残るのは慶沢園だけです。(旧本邸敷地には現在大阪市立美術館が建っています)

 

庭の北側に来るまで、視界に高い建物はほとんど入らず、ここが天王寺であることを忘れてしまいそうになります。

周囲の開発が進めば進むほど、慶沢園の非日常性は高まっていきます。四阿あずまやで静かに庭を眺める人が目に付きました。

 

 

ちなみに慶沢園と河底池を挟んだ北側には茶臼山があります。

茶臼山といえば、大坂冬の陣(一六一四)の際には家康が、大坂夏の陣(一六一五)の際には真田幸村がそれぞれ本陣を構えた場所です。とくに夏の陣では家康も死を覚悟するほどの激戦が茶臼山で繰り広げられました。

  

 

 

一大繁華街にありながら、その喧噪から隔離された茶臼山周辺には、さまざまな歴史が堆積しています。

 

 

関連記事

  1. 心に留まった風景

    松花堂

    寛永の三筆の一人として知られる松花堂昭乗(他は本阿弥光悦と近衛信伊)。…

  2. 心に留まった風景

    白沙村荘

    早いもので三月も半ばになりました。この時季いつも自宅の裏山から…

  3. 心に留まった風景

    旧閑谷学校

    備前焼の里・伊部から車で十分ほど、周囲を山々に囲まれた閑谷《しずたに》…

  4. 心に留まった風景

    小石川後楽園

    久しぶりに東京の話題です。東京ドーム西隣の文京区後楽に、水戸藩…

  5. 心に留まった風景

    梅の香り

    一年前の今日、父は永遠の眠りにつきました。この一年、さまざまなことを経…

  6. 心に留まった風景

    石舞台古墳

    あまりにも有名な石舞台古墳ですが、何度訪れてもその偉容に圧倒されます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    元箱根の石仏
  2. 祭祀風景

    みたらし祭
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    知立
  4. 寄り道東海道

    田子の浦
  5. お知らせ

    父・故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(岩波書店)刊行のお知らせ
PAGE TOP