寄り道東海道

由比漁港

由比で桜エビ漁が始まったのは明治二十七年(一八九四)、二人の漁師が鯵の網引き漁をしていたとき、偶然大量の桜エビが獲れたことに始まります。

桜エビは水深二~三百メートルの深海に生息していて、夜になると水深二十~五十メートルぐらいのところまでプランクトンを求めて上がってくるので、そこへ網をかけて獲るのだそうです。

桜エビは海中では透明ですが、水揚げされると鮮やかな桜色に変わります。その美しい色から海のルビーと呼ばれることもあります。

生態が解明されておらず、養殖もされていません。東京湾や相模湾にも生息していますが、富士川、安倍川、大井川が流れ込む駿河湾はとくに生育に適していて、漁が行われているのは駿河湾だけです。水揚げは由比港と大井川港の二港のみ。ということで、由比に来たら生の桜エビを買いたいと思っていました。

こちらがその生の桜エビです。つやつやふっくらとした生の桜エビは甘みがあります。そのまま食べてもよし、かき揚げにしてもよし。由比には何軒が桜エビを食べられるお店がありますので、由比に行かれた際には是非。(桜エビ漁が解禁になるのは春と秋だけですが、冷凍した生の桜エビを通販で買うこともできます。)

漁の時期、水揚げされた桜エビは富士川の河川敷で天日干しされます。花畑のように地面を赤く染める桜エビと富士山はまさに絶景です。

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    女人堤防

    庄野宿を出ると旧東海道は汲川原町に入ります。江戸時代は下の写真にあるよ…

  2. 寄り道東海道

    熱田神宮

    今から六千年ほど前の縄文時代ごろに時計の針を巻き戻してみると、名古屋南…

  3. 寄り道東海道

    長寿寺

    石部の南六キロほどのところにある標高六九三メートルの阿星山の北東麓に、…

  4. 寄り道東海道

    旧逢坂山隧道

    大津と山科の間には標高三百二十五メートルの逢坂山があります。逢坂峠のこ…

  5. 寄り道東海道

    源兵衛川

    三島を歩いていると、あちらこちらで富士山の伏流水を源とする清流を目にし…

  6. 寄り道東海道

    名古屋城

    伊勢は津でもつ 津は伊勢でもつ 尾張名古屋は城でもつ江戸城は別…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 祭祀風景

    峰定寺の採燈護摩供
  2. 寄り道東海道

    由比漁港
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    平塚
  4. 心に留まった風景

    月心寺(走井居と走井庭園)
  5. 心に留まった風景

    慶沢園
PAGE TOP