祭祀風景

千里天神 大阪とんど祭

松が明ける一月十五日前後、各地で門松やしめ縄、お札などを焼く火祭りが行われます。どんど焼き、とんど焼き、どんどん焼きなど地域によって呼び方が異なり、左義長と呼ぶところもあります。(松の内がいつまでかということについては地域によって異なります。七日というところが今は多いようですが、十五日とするところもあります。)

この火祭りは、境内に組んだ櫓などに火をつけ、そこに立ち上る煙で歳神様を天にお帰しし、新年の無病息災をお祈りする神事という点ではどこも共通しています。

 

大阪北部、豊中市上新田にある上新田天神社、通称千里天神でも、一月十四日の夜「とんど祭」(豊中市の無形民俗文化財)が行われました。

  

 

夜八時、拝殿で神事が執り行われた後、御神火が高さ九メートルの櫓に移されると、瞬く間に櫓全体に炎が燃え広がり、暗闇に巨大な火柱が上がりました。櫓に使われた竹が爆ぜるたび、火柱が天空にせり上がり、火の粉が舞い降ります。見ている人たちは皆火の勢いに圧倒され、食い入るように火柱を見つめていました。

この火柱に乗って歳神様が天にお帰りになると、新しい年の幕開けです。

 

  

神社ではとんど祭当日、竹に紅白の餅が刺さった破魔餅が授与されます。炎が鎮まってくると、破魔餅を手にした人たちが櫓に近づき、残り火で餅を焼き始めます。下の写真ぐらいまでに炎がおさまっていても、近づくと相当な熱さです。お餅を真っ黒焦げにする人もいれば、アルミホイル持参で上手に焼いている人もいます。私はというと、お餅を焦がしてしまうのはもったいないので、御神火にお餅をくぐらせてご利益をいただいた後、家に帰ってから焼き直していただきました。

現在神社の周りにはマンションが建ち並び、すっかり都会的な風景になっています。古くからの氏子たちに新しい住民が加わったことで、神社に集う人たちの年齢層も幅広くなったようです。

今年も健康に過ごせるよう炎に祈りを託し、帰路につきました。

 

関連記事

  1. 祭祀風景

    京都の節分 須賀神社の懸想文売り

    二月三日は節分。各地で節分の行事が行われました。節分というと鬼が登場す…

  2. 祭祀風景

    京都の節分 聖護院の採燈大護摩供

    前回投稿した須賀神社と道を挟んだ向かいにある聖護院は、寛治四年(一〇九…

  3. 祭祀風景

    祇園祭 船鉾の巻

    七月の京都は祇園祭一色です。一日の吉符入りに始まり、三十一日の…

  4. 祭祀風景

    京都の節分 祇園八坂神社

    京都の節分行事は多種多様。祇園の八坂神社では、三人の舞妓さんに…

  5. 祭祀風景

    往馬大社の火祭り

    大阪と奈良の境に南北に連なる生駒山地。その主峰生駒山の東麓に、生駒谷十…

  6. 祭祀風景

    京都祇園祭 宵宵山

    大変な暑さの中、京都で祇園祭が行われています。かつては祇園御霊…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    知立
  2. 寄り道東海道

    石山寺
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    川崎
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    京都三条大橋(二)
  5. すばらしい手仕事

    琵琶湖真珠
PAGE TOP