寄り道東海道

蔦の細道

坂道にかゝれば、いよいよ道細く、山深うして幽寂たり。ちがや、すすき、萩、荻、篠竹しのたけ生い茂りて、藤蔓ふじかずらつたかずら足にまとい、薔薇しょうび荊棘けいきょく袂を閉じて歩しがたく、二人の手引きの者、鎌をもてくさむら薙刈なぎかりて次第に登るに、路さかしく、杖をちからに行くに、少したいらなる所なり。ー中略ー それよりまた登るに、ようやく頂嶺ちょうれいとおぼしき所に出でたり。山郭さんかく(山間の村)依々として(遠くはっきりしないさま)、伐木ばつぼくの音さえかすかにだも聞こえず、実に陶潜とうせん(陶淵明)が桃花源とうかげんに至るのおもかげあり。

これは江戸時代後期に書かれた『東海道名所図会』(秋里籬島著)中、蔦の細道についての描写の抜粋。蔦の細道とは宇津ノ谷峠を越える最古の道です。

奈良時代には古代伝馬の道として、平安時代以降は古代の官道として使われました。この道の名を広く知らしめたのは文学者たち。中でも『伊勢物語』の影響は絶大でした。内容はおおよそ次のようです。

高貴な身分の主人公は、東国下りの途中暗く細い山道で心細い思いをしていたところ、思いがけなく京の知人の修行僧に出会い、次の歌とともに手紙を書いて僧侶に託します。

駿河なる宇津の山辺のうつつにも 夢にも人にあわぬなりける

後世の文人たちはこの故事に思いを致し、哀愁と偶然性を求めて、多くの文人墨客が宇津ノ谷峠を訪れました。

その後も『平家物語』『十六夜日記』『東関紀行』『吾妻鏡』などに取り上げられ、往来も頻繁でしたが、豊臣秀吉による小田原攻めの際、北に新しい道(旧東海道の前身)が開かれたことから、蔦の細道は次第に使われなくなっていきました。

蔦の細道は近年整備され、ハイキングにちょうどよい道になっています。静岡側の登山口は、国道一号線沿いにある道の駅の奥に。岡部側の登山口は坂下地蔵堂の先に整備された公園にあります。私は旧東海道の復路、岡部側から蔦の細道を歩きましたが、整備されているとはいえ、『東海道名所図会』の蔦細道についての描写を思わせるところが各所に残り、つかの間古の旅人の思いに身を寄せることができました。

 

  

岡部側からの上りは、箱根の石畳を思い出すような険しいところもあります。旧東海道の宇津ノ谷峠は割と簡単に通過してしまったので、このくらいの道のほうが峠を越えていると実感できます。

 

  

やがて峠に到着。標高は約二百十メートル。かつては峠から富士山が見えたそうです。歌碑には先ほど記した在原業平の歌が刻まれています。

 

  

峠を越えると雰囲気が一変。小川を渡り、杉の木立を下っていきます。

 

  

木立が途切れ、ようやく国道が見えてきました。ここが静岡側の登山口です。

東海道はこの先にも峠越えがあります。連載の「日坂」でも触れることになりますが、峠というのは文学者の言葉によって長くその存在が語り継がれていくことが多いようです。

峠を歩くと言葉の重みを実感します。

ちなみに『伊勢物語』の影響は絵画作品にも見られます。尾形光琳の弟子深江芦舟による「蔦の細道図屏風や、今村紫紅の宇津の山路などがそれで、これらを見ると人の心に訴えかける力の点で、写真はとてもかなわないと思うのです。

 

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    沼津漁港

    狩野川の河口に沼津漁港があります。往路では余裕がなく寄り道できなかった…

  2. 寄り道東海道

    うつくし松

    野洲川を渡り、一時間ほど静かな町を歩いたころ、「天然記念物うつくしまつ…

  3. 寄り道東海道

    諏訪原城跡

    金谷の石畳道を上り一息ついたあたりに、諏訪原城跡を示す案内表示が立って…

  4. 寄り道東海道

    久能山東照宮

    先日鉄舟寺について投稿しました。鉄舟寺の前身は久能寺といい、久能山にあ…

  5. 寄り道東海道

    浜松城

    東海道は連尺の交差点を左折し南に向かいますが、右折し北に四百メートルほ…

  6. 寄り道東海道

    気賀関所

    先日投稿した新居の関所の裏番所として、姫街道の宿場だった気賀にも関所が…

コメント

    • 松本 茂樹
    • 2018年 2月 12日

    そうですか。わくわくするような道だったのですね。山蛭の件、よろしいですね。羨ましい。僕なんかは、お風呂に入ったときに、山蛭が2匹吸い付いていて、びっくりして、急いで、取ろうとしても、水にぬれると、容易には、はがれない。つるつるすべるんです。布団の中にも、干からびた山蛭が乾燥しているときもよくありました。また、トレッキングシューズにはいていた白の棉の靴下が、片方が、赤色に代わっていたこともありました。野呂先生にお聞きしたところ、山蛭は体積以上は、血をすわないので、割り切る以外にない、と。ただ、唯一、パンストは蛭の舌(?)を通さないらしいと。いたずらっぽい顔をして、おっしゃっていました。

    • wpmaster
    • 2018年 2月 12日

    コメントをどうもありがとうございます。山野草のあるような山道ではありませんが、多くの文学者たちが心惹かれた道です。トラックが暴走する国道沿いを歩くことに比べたら、少々きつい山道のほうが数倍歩いていて楽しいです。私はこういう道を前にするとわくわくします。おかげさまで私は蛭の好みではないようで、血を吸われたことが一度もありません。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 2月 12日

    ところで、いくら整備されているといっても、このような道を歩いていて、山蛭に血を吸われませんでしたか?

    • 松本 茂樹
    • 2018年 2月 12日

    宇津ノ峠の蔦の細道は過去は、いかにも歩きにくい道のようでしたね。山を歩いていて、絶対に歩きたくない道です。こういう道には、清楚な山野草もなさそうですね。何か、掘り出し物は、ありましたか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

  2. 祭祀風景

    千里天神 大阪とんど祭
  3. 心に留まった風景

    東寺の夜桜
  4. 寄り道東海道

    浜田城址と鵜森神社
  5. 寄り道東海道

    浮島ヶ原
PAGE TOP