寄り道東海道

蓬莱橋

時代が明治になると、旧幕臣たちが牧ノ原台地を開墾し、そこで茶の栽培を始めましたが、そこには島田や金谷の川越人足たちも加わっていました。

開墾事業が軌道に乗ってくると、島田・金谷間を行き来する必要が生じますが、その都度大井川を小船で往来するのは危険が伴い大変です。

大井川に橋を架けたい……。

島田宿の開墾人総代たちが静岡県令(当時の知事)に架橋を願い出て、明治十二年(一八七九)完成したのが逢来橋です。

大井川には現在いくつもの橋が架けられています。旧東海道歩きで渡るのは、逢来橋から三キロほど上流の大井川橋です。大井川橋のことは、連載「歩いて旅した東海道 金谷」で触れますので、今ここには書きませんが、大井川橋も逢来橋も、ひとたび完成しても洪水で流されてしまい、何度も掛け替えを余儀なくされました。それだけ大井川の流れが速かったのです。

  

逢来橋は平成九(一九九七)年に、世界一長い木製の橋としてギネス世界記録に認定されました。長さは八九七、四メートル。「やくなし」=厄なし、「長い木の橋」=長生きの橋、ということで縁起が良い橋として今や人気の橋になっています。

 

  

九百メートル近くあるので、ゆっくり歩くと十五分近くかかりますが、朝日に照らされた川面を眺めながらの渡橋は気持ちのよいものです。

 

ちなみに蓬莱橋という名前は、徳川家達とくがわいえさとが牧ノ原台地を開墾する旧幕臣たちを激励しに訪れた際、牧ノ原台地を宝の山にたとえて命名したと言われています。

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    将軍塚

    桓武天皇が長岡京から平安京に都を遷すことを宣言したのは、長岡京遷都から…

  2. 寄り道東海道

    広重の住居跡

    庶民の間でも旅が盛んに行われるようになった江戸時代、東海道をテーマにし…

  3. 寄り道東海道

    源兵衛川

    三島を歩いていると、あちらこちらで富士山の伏流水を源とする清流を目にし…

  4. 寄り道東海道

    西明寺

    名鉄御油駅から直線距離にして東に五百メートルほどのところに、平安時代創…

  5. 寄り道東海道

    無鄰菴

    「寄り道東海道」の園城寺で琵琶湖疎水について触れたように、明治二十三年…

  6. 寄り道東海道

    浮島ヶ原

    今から一万年以上前、駿河湾の海岸線は愛鷹山《あしたかやま》の麓にありま…

コメント

    • wpmaster
    • 2018年 2月 26日

    コメントをどうもありがとうございます。旧東海道で橋を渡るときは、車道メインの橋を遠慮がちに歩くことになりますが、蓬莱橋は木製ということもあって温かみがありますし車は通りませんので、ゆったりと歩けます。とても素敵な橋ですよ。

    • 松本 茂樹
    • 2018年 2月 26日

    蓬莱橋、写真で拝見しても、風情がありますね。時代背景を教えていただいて、見ると、尚更です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    油山寺
  2. 寄り道東海道

    石山寺
  3. 古社寺風景

    甲山の神呪寺
  4. 寄り道東海道

    楽寿園
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    亀山
PAGE TOP