寄り道東海道

吉田城址

旧東海道吉田宿の曲尺手町の北に吉田城がありました。建物は櫓が復元された以外残っていませんが、石垣や空堀は当時の状態を留めています。現在は豊橋公園として整備され、自由に散策ができます。

  

 

こちらの地図をご覧いただくとおわかりのように、吉田城は豊川と朝倉川の合流地点に築かれています。まさに天然の堀に囲われた立地です。また吉田には様々な街道が通り、交通の要衝の地でした。そういうところに戦国時代戦乱の最前線基地として吉田城は築かれました。

少し歴史を振り返ってみましょう。

戦国時代初めの永正二年(一五〇五)頃、豊川の一色城主牧野古白によって築かれた今橋城が吉田城の始まりです。今橋が忌まわしいを連想させることから吉田に改められた話を連載の吉田で触れましたが、その際城も吉田城と改められています。

戦国時代の争乱の中、吉田城は今川氏、武田氏、松平氏(徳川氏)らと争奪戦が繰り広げられ、永禄七年(一五六四)家康により攻略され酒井忠次が城主となります。

天正十八年(一五九〇)には家康の関東移封により池田輝政が城主になります。その時代に城や城下町の整備が行われました。

  

吉田城址は東西一、四キロ、南北六百メートルにも及びます。これまで四十回近い発掘調査が行われました。まだ全体の三パーセントに過ぎませんが、発掘調査で縄文時代から中世にかけての遺構、遺跡が見つかっており、古墳時代前期の古墳や古代の渥美郡衙、中世の吉田宿の存在が推定されるそうです。

豊川と朝倉川の合流点に位置する高台の要衝は、古代から重要視される場所だったようです。

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    広重の住居跡

    庶民の間でも旅が盛んに行われるようになった江戸時代、東海道をテーマにし…

  2. 寄り道東海道

    笠覆寺(笠寺観音)

    鳴海宿を後にし、次の宮(熱田)を目指し北西方向に旧東海道を歩いていると…

  3. 寄り道東海道

    帯笑園

    旧東海道原宿の中心部からほんの十数メートル南に入ったところに、原の素封…

  4. 寄り道東海道

    三保の松原

    興津の清見寺で三保の松原が話題に上がって以来、江尻に来たら三保の松原ま…

  5. 寄り道東海道

    石薬師寺

    石薬師を南北に走る旧東海道が、国道一号線を跨いだ先に、広重の描く石薬師…

  6. 寄り道東海道

    水口城跡

    連載の水口でも触れたように、水口には二つの城がありました。一つ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. お知らせ

    父・故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(岩波書店)刊行のお知らせ
  2. 心に留まった風景

    箕面の滝
  3. お知らせ

    今週の連載投稿をお休みします
  4. 古社寺風景

    四天王寺
  5. すばらしい手仕事

    日永の団扇
PAGE TOP