寄り道東海道

将軍塚

桓武天皇が長岡京から平安京に都を遷すことを宣言したのは、長岡京遷都からわずか九年後の延暦十二年(七九三)でした。

その際、桓武天皇は和気清麻呂の案内で東山に登って眼下の町を見下ろし、「葛野の地は山や川が麗しく四方の国の人が集まるのに交通や水運の便が良いところだ」(『日本書記』)としてこの地を気に入り、都を置くことを決心されたと言われています。

その後桓武天皇は都の安泰を祈念して、征夷大将軍を務めた坂上田村麻呂を模した高さ八尺(約二、五メートル)の人形に甲冑を着せて弓矢を持たせ、都を見下ろす位置に埋めました。

それが将軍塚です。

 

鎌倉時代の『源平盛衰記』には、世の中に大きな変動があると、この塚が鳴動すると書かれており、古くから都人たちに知られ畏怖されてきた塚でした。

  

現在ここは粟田口にある青蓮院の飛地境内になっており、国宝の青不動をお祀りする青龍殿とその前に新設された広大な木造の大舞台があり、現在の京都の町を一望する格好の場所になっています。

将軍塚の周りの庭園には、桜やもみじが植えられ、春には桜色に、秋には深紅に染まった天空の楽園と化します。

こうして将軍塚から京都の町を見下ろしていると、桓武天皇が平安遷都を決めたときから現代に至るまで、やはり京都というところは山紫水明処だと思わずにはいられません。

 

 

 

 

昨年の八月からおよそ一年二ヶ月にわたり連載してきた東海道の旅と関連記事の投稿は、ここ将軍塚で最後といたします。長い間おつきあいくださり、どうもありがとうございました。

東海道の取材・執筆は、東西を往復してきた私生活を抜きにはなしえなかった作業で、取材を始めた二〇一〇年からこうして投稿を終えるまでの八年の間、途中途中で様々な問題が障害物のように目の前に立ちふさがることが多々ありましたが、それがかえって起爆剤となり投稿完了まで導いてくれたように思っています。内容は皆様の関心には必ずしも一致するものではなかっただろうと懸念しております。ですが、これが私の東海道です。宇宙的なスケールのネット上にあって、私の東海道は一粒の砂に過ぎません。それでもそこに存在を残せたことは大きな喜びで、直接的間接的に支えてくださった皆様に心から感謝申し上げます。

 

今後は次のテーマを探りつつ、ゆるやかなペースで投稿していく予定です。気が向かれました折にアクセスしていただけましたら光栄です。

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    観音山

    関の町の北西に標高二二二メートルの観音山があります。もとは感応…

  2. 寄り道東海道

    鉄舟寺

    江尻で清水次郎長の足跡を追いました。次郎長は知れば知るほど味があり、東…

  3. 寄り道東海道

    石山寺

    草津から大津までの道は、近江八景の道でもあります。近江八景とは…

  4. 寄り道東海道

    垂水頓宮跡

    古代、新しい天皇が即位するたびに、天皇の名代として伊勢神宮に奉祀した未…

  5. 寄り道東海道

    諏訪原城跡

    金谷の石畳道を上り一息ついたあたりに、諏訪原城跡を示す案内表示が立って…

  6. 寄り道東海道

    水口城跡

    連載の水口でも触れたように、水口には二つの城がありました。一つ…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 祭祀風景

    六波羅蜜寺の萬燈会
  2. 古社寺風景

    楊谷寺(柳谷観音)
  3. 祭祀風景

    千里天神 大阪とんど祭
  4. 古社寺風景

    大原野神社
  5. 東海道の祭

    高来神社の御船祭
PAGE TOP