お知らせ

「季刊文科 95号」に拙文が掲載されました

三月に入ってもなお真冬のように寒い日がありますが、先週石山寺で彼岸桜を目にしました。春のお彼岸の頃に咲くので彼岸桜と呼ばれますが、お彼岸までまだ二週間以上あるうえ、その日は晴れ間にときおり小雪のちらつくお天気だったにもかかわらず、空から春を振りまいているように咲いていました。一昨日南禅寺近くを歩いていたら、染井吉野の蕾みもだいぶ膨らんでいました。寒い日があるとはいえ春の訪れはもうすぐです。

 

「季刊文科 95号」春季号の文科欄に拙文が掲載されました。

父高橋英夫の旧蔵品を昨年日本近代文学館に寄贈しました。その経緯などについて書いた原稿用紙十枚ほどの文章です。

「季刊文科 95号」春季号は三月十五日発売です。

 

 

 

関連記事

  1. お知らせ

    「季刊文科 89号」に拙文が掲載されました

    「季刊文科 89号」文学と旅の特集号に拙文が掲載さ…

  2. お知らせ

    書評が掲載されました

    アクセスどうもありがとうございます。十二月五日発行の「仏教タイ…

  3. お知らせ

    「季刊文科78号」(鳥影社)にエッセイが掲載されました

    いつも当ブログをご覧くださいまして、どうもありがとうございます。…

  4. お知らせ

    「図書」(岩波書店)にエッセイが掲載されました

    いつも当ブログをご覧くださり、どうもありがとうございます。岩波…

  5. お知らせ

    二誌で『東海道五十三次いまむかし歩き旅』を取り上げていただきました

    拙著が刊行されてから早いもので間もなく四ヶ月が経とうとしています。この…

  6. お知らせ

    毎日新聞に『東海道五十三次いまむかし歩き旅』の書評が掲載されました

    二月十二日(土)の毎日新聞朝刊に、川本三郎氏による拙著の書評が掲載され…

最近の記事

連載記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

  1. すばらしい手仕事

    日永の団扇
  2. 寄り道東海道

    帯笑園
  3. 心に留まった風景

    旧閑谷学校
  4. 古社寺風景

    三室戸寺
  5. 寄り道東海道

    ういろう
PAGE TOP