東海道の祭

関の夏祭り

旧東海道の宿場風景がよく残っている関宿で、毎年七月末の土日に祇園夏祭りが行われます。

祭は大きくわけて二本立て。関神社の御輿渡御と関宿を構成する新所・中町・木崎地区から出る四基の山車巡行です。

関の大庄家原久太夫家文書によれば、かつて加行山かごやまに鈴鹿山麓七郷の総社・笛吹大神社がありましたが、鈴鹿川を隔てた不便な場所だったことから、現在地に社殿を建て改めて奉祀したのが関神社とのことで、夏祭りでの御輿渡御は旧社地から御神霊を遷す様をあらわしているとされます。

  

夕刻関に着くと、ちょうど御輿が関宿の西から御旅所に向かって渡御しているところでした。

 

  

御輿が御旅所に到着したのを見届け旧東海道を東に歩いていくと、今度は旧東海道を山車が巡行している場面に行き会いました。上の写真は中町四番町のもので、関の山車では唯一の塗造りです。

 

  

こちらは木崎町の山車。一説には水口から譲られたものだとか。

 

  

あいにく四基すべての山車を見ることはできませんでしたが、北裏のものはからくり人形があるそうです。からくりのある山車といえば知立神社の知立祭りを思い出します。東海地方特有のからくりが関にも見られるということは、ここがまだぎりぎり東海色を残した土地柄だということかもしれません。

とある旧東海道沿いのお宅の土間でお茶をいただきながら、山車の巡行を見る機会がありました。関の山車はゆったりと進んでいきます。おっとりした感じは関らしい気がします。迫力ある巡行ではありませんが、軒先ぎりぎりのところを通過するときは高揚感に包まれます。

鈴鹿峠を越えればもうそこは完全に関西圏です。

 

夏の夜、関宿に灯る灯りが幻想的でした。

 

ちなみに関の山という表現は、ここ関の山車に由来すると言われています。

かつて関祭の山車は十六基も出て大変な賑わいでした。関の山車はどれも精一杯贅を尽くしていましたし、関の山車で道が溢れそうになったことなどから、関の山=これ以上はできない限度、となったのだとか。

 

 

 

関連記事

  1. 東海道の祭

    知立祭

    知立神社では毎年五月二日と三日に知立祭が行われます。その始まりは江戸時…

  2. 東海道の祭

    見付天神裸祭

    連載文中でも触れた矢奈比賣《やなひめ》神社(見付天神)では、毎年旧暦の…

  3. 東海道の祭

    瀧樹神社のケンケト踊り

    土山宿を過ぎると旧東海道は野洲川を渡り土山町前野に入ります。進行方向左…

  4. 東海道の祭

    水口曳山祭

    豪華な山車(曳山)が繰り出す祭は、その土地のかつての繁栄を伝えるもので…

  5. 東海道の祭

    大津祭

    これまで「東海道の祭」として何度か曳山祭を取り上げてきました。いずれも…

  6. 東海道の祭

    高来神社の御船祭

    高麗山の麓に鎮座する高来神社では、七百年近い歴史を持つ御船祭が夏に行わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. まちなみ風景

    熊川宿
  2. 寄り道東海道

    粟田神社
  3. まちなみ風景

    富田林(二)旧杉山家住宅
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    日本橋
  5. 東海道の祭

    花笠太鼓踊り
PAGE TOP