寄り道東海道

近江国衙跡

瀬田の唐橋の東一キロほどの大江というところに、古代律令制の時代、中央から派遣された国司が政務をとる国衙(国府)が置かれていました。

 

平安時代中期の『和名抄』などから、栗太郡(瀬田川以東の大津市、草津市、栗東市など琵琶湖の南岸)にあったということはわかっていましたが、場所は特定されていませんでした。それが昭和三十八年(一九六三)建設現場から大量の瓦やレンガなどが出土したことをきっかけに本格的な発掘調査が行われ、南北の両正殿、東西の両脇殿、それらを囲む築地塀や中門、南門などの遺構が確認でき、それが近江国衙跡であることが判明しました。

こうした建物が建てられたのは、八世紀の中頃、藤原仲麻呂が近江守だった時代と推定され、十世紀の終わりごろまでは使われていたようです。

 

大宝律令の規定によると、国衙には知事のような役目のかみが一人、副知事のような役目の介が一人、警察署長のような役目のじょうが一人、総務課長のような役目のさかんが一人、一般の役人的な史生ししょうが三人置かれ、戸籍、税、農業、教育、裁判、通信、運搬、寺社の取り締まりといった業務を行っていました。

 

 

  

発掘された建物の配置は藤原京や平城京の太極殿や朝堂院の配置に酷似しており、近江国衙が古代国衙の典型とされ、その後各地で発掘された国衙跡の拠り所とされました。

 

 

近江国庁が置かれたのはこちらの地図でもおわかりのように、瀬田川に近い琵琶湖の南東です。当時は琵琶湖から流れる瀬田川の水運を利用して都に様々な物資が運ばれていました。まさに要となる場所に近江の国庁が置かれていたことになります。

 

近江国庁は日本で初めて国庁の全容が明らかになった貴重な遺跡。国の史跡に指定されています。

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    建部大社

    近江国庁跡から西に六百メートルほどの神領というところに、近江国一宮の建…

  2. 寄り道東海道

    沼津漁港

    狩野川の河口に沼津漁港があります。往路では余裕がなく寄り道できなかった…

  3. 寄り道東海道

    大日本報徳社

    掛川城から古城跡に向かおうと歩いていたら、現在の掛川城の東に建つ趣ある…

  4. 寄り道東海道

    中山新道

    金谷宿だった商店街を過ぎJRの高架をくぐると、旧東海道は急な上り坂にな…

  5. 寄り道東海道

    女人堤防

    庄野宿を出ると旧東海道は汲川原町に入ります。江戸時代は下の写真にあるよ…

  6. 寄り道東海道

    ういろう

    東海道(国道一号線)を歩いていると、一瞬お城かと思うような、独特の唐破…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 古社寺風景

    長谷寺
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    保土ケ谷
  3. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    石部
  4. お知らせ

    父・故高橋英夫のエッセイ集『五月の読書』(岩波書店)刊行のお知らせ
  5. すばらしい手仕事

    南部鉄器
PAGE TOP