過去の記事一覧

  1. 寄り道東海道

    うつくし松

    野洲川を渡り、一時間ほど静かな町を歩いたころ、「天然記念物うつくしまつ自生地」と書かれた表示に目が留まりました。地図を見ると東海道か…

  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    石部

    水口を出て一時間ほどすると、東海道は野洲川の大きな流れに突き当たる。鈴鹿山脈の御在所山に発し琵琶湖に注ぐ野洲川は、琵琶湖に流れこむ四百六十本近い河川の中で最も長…

  3. 東海道の祭

    水口曳山祭

    豪華な山車(曳山)が繰り出す祭は、その土地のかつての繁栄を伝えるものです。その最たるものが京都の祇園祭ですが、京の都に隣接する近江国(滋賀県)でもその影響を色濃…

  4. 寄り道東海道

    水口城跡

    連載の水口でも触れたように、水口には二つの城がありました。一つは秀吉の命により天正十三年(一五八五)に築かれた水口岡山城で、水口特有の紡錘形の三筋の街道…

  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    水口

    落ち着いた家並みの間から茶畑や田圃がのぞく長閑な旧道を歩いていると、正面にお椀を伏せたような低山が見えてくる。道が緩やかに曲がるとその山はいったん視界から消える…

  6. 東海道の祭

    瀧樹神社のケンケト踊り

    土山宿を過ぎると旧東海道は野洲川を渡り土山町前野に入ります。進行方向左手、旧東海道の南に拡がる茶畑の奥にこんもりと茂る社叢と白い鳥居が見えてきます。垂仁…

  7. 寄り道東海道

    垂水頓宮跡

    古代、新しい天皇が即位するたびに、天皇の名代として伊勢神宮に奉祀した未婚の内親王を斎王といいますが、その斎王が宮中から伊勢神宮に赴くにあたり、途中で宿泊した場所…

著書

更新のお知らせ

連載記事

アーカイブ

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ご利用にあたって

当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載、無断使用は固くお断りします。

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    小田原(一)
  2. 寄り道東海道

    うつくし松
  3. 寄り道東海道

    沼津漁港
  4. お知らせ

    9月1日(金)から連載を開始します
  5. 寄り道東海道

    本坂峠
PAGE TOP