過去の記事一覧

  1. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    大津

    前日経験のない筋肉痛に襲われ、果たして最終日予定通り歩けるだろうかと不安な気持ちで一夜を過ごしたが、ありったけの湿布を貼って寝たのが功を奏したようで、朝起きてみ…

  2. 寄り道東海道

    石山寺

    草津から大津までの道は、近江八景の道でもあります。近江八景とは、矢橋帰帆《やばせのきはん》、瀬田夕照《せたのせきしょう》、石山秋月《いしやまのしゅうげつ…

  3. 寄り道東海道

    建部大社

    近江国庁跡から西に六百メートルほどの神領というところに、近江国一宮の建部大社が鎮座しています。元は、当地の豪族建部氏の氏神でしたが、「建部大明神神縁年録…

  4. 寄り道東海道

    近江国衙跡

    瀬田の唐橋の東一キロほどの大江というところに、古代律令制の時代、中央から派遣された国司が政務をとる国衙(国府)が置かれていました。平…

  5. 寄り道東海道

    草津宿本陣

    旧東海道で本陣が残っているのは二川と草津の二カ所だけです。草津の本陣は改修の手が入っていますが江戸時代の姿がほぼ残っていることから、国の史跡に指定されています。…

  6. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    草津

    先ほどからちらちらと見えていた三上山が、石部を出ると進行方向右手にその秀麗な全容を現す。雲晴るゝ三上の山の秋風にさゞ波遠く出づる月かげ  浄助法親王 『…

  7. 寄り道東海道

    常楽寺

    長寿寺の北西一キロほどのところにあるのが、長楽寺同様阿星山五千坊の一つとして栄えた常楽寺です。長楽寺が東寺と呼ばれていたのに対し、こちらの常楽寺は西寺と呼ばれ、…

著書

連載記事

アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ご利用にあたって

当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載、無断使用は固くお断りします。

  1. 古社寺風景

    吉志部神社
  2. 心に留まった風景

    松花堂
  3. 寄り道東海道

    浜田城址と鵜森神社
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    吉原
  5. 寄り道東海道

    観音山
PAGE TOP