東海道の祭

知立祭

知立神社では毎年五月二日と三日に知立祭が行われます。その始まりは江戸時代の承応二年(一六五三)。三百六十年以上の歴史を誇ります。

本祭と間祭が一年ごとに交互に行われ、本祭の時には周辺の五つの町から豪華な山車が出て、町を練り歩きます。下の二枚の写真はいずれも旧東海道です。歩いたときはほとんど人の姿を見かけることがなかったのに、この日はご覧の通り。

  

五基の山車は巡行の途中曲がり角に来ると、山車を大きく傾けて担ぎ上げるように回します。京都の祇園祭でも辻回しは大変な迫力で一番の見せ場ですが、ここ知立の山車も同様です。ただ知立の場合は、重さ五トンと言われる大きな山車を傾けながら担ぎ上げて回りますので、見ていて圧倒されます。担い手たちの力の見せ所、無事方向転換すると大きな拍手がわき起こります。

   

 

町を練り歩いた山車は順次知立神社に集結、神社に奉納されます。

  

こうした山車の出るお祭りは京都の祇園祭を筆頭に、岐阜の高山祭、大津の大津祭、長浜も長浜祭など、各地に見られますが、知立祭の大きな特徴は、この山車の上で文楽が上演されることです。

  

山車上での文楽の上演は延享四年(一七四七)ごろから始まったと言われています。演目は「三番叟」「傾城阿波の鳴門」「壺坂観音霊験記」など。

また山車の上に目を向けると、そこではからくりが上演されています。知立祭のからくり人形はただ動くだけでなく、文楽に合わせて物語を上演するところが特徴です。江戸時代にはそれぞれの山車の上でからくり人形芝居が上演されていましたが、現在は西町の山車だけになりました。文楽もいいですが、からくり人形の動きも見ていて楽しいものです。

山車文楽やからくり人形芝居の上演は、地元の人たちの熱意で継承されています。

 

平成二十八年(二〇一六)には「知立の山車文楽とからくり」を含む三十三件が「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。

 

関連記事

  1. 東海道の祭

    見付天神裸祭

    連載文中でも触れた矢奈比賣《やなひめ》神社(見付天神)では、毎年旧暦の…

  2. 東海道の祭

    水口曳山祭

    豪華な山車(曳山)が繰り出す祭は、その土地のかつての繁栄を伝えるもので…

  3. 東海道の祭

    桑名 石取祭

    毎年八月の第一土曜日午前零時から日曜日の夜にかけて、桑名で日本一やかま…

  4. 東海道の祭

    関の夏祭り

    旧東海道の宿場風景がよく残っている関宿で、毎年七月末の土日に祇園夏祭り…

  5. 東海道の祭

    風まつり

    旧東海道の復路を歩いていたら、豊川市小坂井の菟足《うたり》神社でちょう…

  6. 東海道の祭

    大津祭

    これまで「東海道の祭」として何度か曳山祭を取り上げてきました。いずれも…

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 心に留まった風景

    飛鳥の石造物
  2. 古社寺風景

    陶荒田神社
  3. 寄り道東海道

    大師河原 慶安の酒合戦(水鳥の祭)
  4. 心に留まった風景

    一蓮托生
  5. 古社寺風景

    鐸比古鐸比賣神社
PAGE TOP