寄り道東海道

女人堤防

庄野宿を出ると旧東海道は汲川原町に入ります。江戸時代は下の写真にあるように神戸藩領で、ここから西が亀山藩領という境界にあたる場所でした。

町の南を鈴鹿川が東に向かって流れています。加えて支流の安楽川と鈴鹿川の合流地点に近いこともあり、昔から川の氾濫に幾度となく苦しめられてきたことから、堤防を築きたいと住民たちが藩に願い出ましたが、堤防を築くと川の右岸にある神戸城下が浸水する恐れがあるとの理由で許可が下りませんでした。とはいえ、川はたびたび氾濫し人命を脅かします。許可なしに工事をすれば打ち首の刑に処せられますが、このままというわけにはいきません。そこで立ち上がったのが村人の菊という女性でした。

男たちがみな処刑されてしまったら村の生活は終わってしまう。それなら女たちでやりましょうと。

総勢二百人ほどの女性たちで夜中に少しずつ堤防を築き、およそ六年がかりで完成させたのが女人堤防です。冒頭の写真、左に見えるのがそれを記念する石碑で、堤防は鈴鹿川に対して直角に南北四百メートルほどにわたり築かれました。(石碑の左右方向です)ということは、西側からの水を防ぐための堤防で、これを築いたことで神戸城下が浸水することはありませんから、この話は史実ではない可能性が高そうですが、ともあれ堤防が築かれたことは事実です。

言い伝えでは、家老松野清邦の嘆願によって菊たちの処刑は取り下げられ、命がけで堤防を築いた行為に対し恩賞が与えられたそうです。

時の藩主は本多忠升ほんだただたか。女だけで工事を行ったかどうかはともかく、村人たちが苦労して堤防を築いていたことが事前に耳に入っていたことからの恩賞だったのではないでしょうか。

庄野から関まで、旧東海道を歩いていると、時おり鈴鹿川の流れを目にします。上流に行くにつれ流れは清冽になり、眼に涼しい風景ですが、豊かな川を抱く土地は自然災害と隣り合わせです。こうした話に触れるたび、土地の人たちの努力で今があるということを痛感します。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 寄り道東海道

    諏訪原城跡

    金谷の石畳道を上り一息ついたあたりに、諏訪原城跡を示す案内表示が立って…

  2. 寄り道東海道

    将軍塚

    桓武天皇が長岡京から平安京に都を遷すことを宣言したのは、長岡京遷都から…

  3. 寄り道東海道

    三保の松原

    興津の清見寺で三保の松原が話題に上がって以来、江尻に来たら三保の松原ま…

  4. 寄り道東海道

    浜松城

    東海道は連尺の交差点を左折し南に向かいますが、右折し北に四百メートルほ…

  5. 寄り道東海道

    近江国衙跡

    瀬田の唐橋の東一キロほどの大江というところに、古代律令制の時代、中央か…

  6. 寄り道東海道

    本坂峠

    現在舞阪・新居間には橋が架けられ、簡単に行き来することができますが、明…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

連載記事

アーカイブ

  1. 寄り道東海道

    田子の浦
  2. 古社寺風景

    甲山の神呪寺
  3. 寄り道東海道

    浜田城址と鵜森神社
  4. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    袋井
  5. 寄り道東海道

    伊賀八幡宮
PAGE TOP