過去の記事一覧

  1. 寄り道東海道

    権現山の合戦の舞台(幸ヶ谷公園)

    旧東海道神奈川宿の中心を過ぎると、道は上り坂になります。その途中にある青木橋から東西を眺めると、それぞれに小高い丘があることに気づきます。現在青木橋の下は深く掘…

  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    神奈川

    鶴見駅前の賑やかな商店街を抜けると、生麦に入る。そこでまず目に飛び込んできたのは、街道の両側に並ぶ数十軒の魚屋だった。生麦魚河岸と言うらしい。昼過ぎでほ…

  3. 心に留まった風景

    益田岩船

    飛鳥駅から北西に一キロほどの山中。薄暗い山道の先に光が射し込む場所に巨大石造物が忽然と姿を現します。高さは五メートル、横幅は十一メートル、奥行き八メートルほどの…

  4. 寄り道東海道

    大師河原 慶安の酒合戦(水鳥の祭)

    慶安元年(一六四八)、大師河原で歴史に残る酒合戦が行われました。東軍は江戸の医者で儒学者だった地黄坊樽次(茨城春朔)を主将に、鎌倉の甚鉄坊常赤、川崎の小…

  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    川崎

    交通量の多い国道を早く抜けたい一心で、多摩川を目指した。多摩川を越えれば神奈川県、六郷橋《りくごうばし》の袂からかつての川崎宿に入る。旅人にとって多摩川は最初の…

  6. 心に留まった風景

    石舞台古墳

    あまりにも有名な石舞台古墳ですが、何度訪れてもその偉容に圧倒されます。七世紀前半ごろのもので、被葬者は蘇我馬子ではないかと言われています。もちろん最初は…

  7. 古社寺風景

    飛鳥寺(現・安居院)

    崇峻天皇元年(五八八)蘇我馬子は飛鳥の真神原《まかみがはら》に氏寺として法興寺の創建を始めました。これが後に飛鳥寺と呼ばれるお寺です。『日本書紀』によれ…

著書

更新のお知らせ

連載記事

アーカイブ

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ご利用にあたって

当ウェブサイト内の文章・画像等の無断転載、無断使用は固くお断りします。

  1. 寄り道東海道

    水口城跡
  2. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    興津
  3. 祭祀風景

    京都の節分 祇園八坂神社
  4. 寄り道東海道

    水口屋
  5. 連載 紀行エッセイ「歩いて旅した東海道」

    亀山
PAGE TOP